タシケントでの列車予約について

個人的には、ウズベキスタンを訪れたら列車旅をしてほしいと思います。タシケントやサマルカンドなどの一都市観光だけでなく、周遊型の旅行にし、列車を乗り継ぎながら旅すると、ウズベキスタンの中での地域性がわかりますし、古いですが沢木耕太郎の「深夜特急」のような気分も味わえます。

今回は、ウズベキスタンの列車旅には欠かせない「タシケントでの列車予約について」紹介します。

 

タシケント鉄道駅の場所と切符売り場

 

まずは、タシケント鉄道駅の場所と切符売り場です。

★マークが切符売り場の場所です。

タシケント鉄道駅へはタクシーでアクセスしてもいいですし、地下鉄のタシケント駅からアクセスしてもいいと思います。

現実的なのは、この二択です。

切符売り場は、入る前に荷物チェックと金属探知を行われます。

ウズベキスタンにいると、これが普通になってきますよね。汗

中に入ると、左手にガラス越しのカウンターが6つぐらい並んでいるので、どれか一つで列車の切符を購入してください。

タシケント鉄道駅の中央駅舎。ウズベキスタンブルーで統一されています。

切符売り場の入口。KASSAはウズベク語で「切符売り場」の意。

 

列に並ぶ場合は、注意

 

切符の購入は、特に難しくありません。

切符の販売スタッフは、簡単な英語が使えますし、地名や日程も「サマルカンド、トゥモロー」と言えば、十分にわかってくれます。

個人的に一番骨が折れたのが、順番待ちです。

ウズベキスタンの人は、基本的に一列に並ぶということを知らないので、力業でどんどん入ってきます。黙ってたら、どんどん抜かれてきますよ。汗

この対策として、自分がやって一番効果的だったのは、自分が日本人であることを周りに教えることです。

なんでもいいですが、私は自分のパスポートを見せて、「ヤポン,ヤポン」と言っていました。
(ヤポンが、たしかロシア語で日本という意味でしたので)

すると、列の順番を優先してくれたりしたので、効果的です。

この方法は、サマルカンドやブハラなどの他地域でも結構使えます。

もう一つ、気をつけてほしいことは、切符は乗る前日までに入手するようにしてください。

当日だと切符を買うのに時間がかかるとどんどん追い込まれますし、曜日によっては前日の時点で一杯の便が存在します。

今後の旅程をスムーズにするためにも、前日までに予約するのはマストです。

ウズベキスタンの特急のチケット。数字以外読めませんが、一応販売スタッフが時刻と座席番号ぐらいは教えてくれます。

 

以上が、「タシケントでの列車予約について」の紹介です。
参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/