パスポートは増量できる!その方法は?

先日訪れた欧州旅で、パスポート査証欄の50ページ目にスタンプを押されてしまいました。

今年もあと何回か海外に行く予定もあり、しっかり余白部分を確保しておきたいので、

今回は、実際にパスポートの増補を申請してきました。

 

増補とは

パスポートの査証欄がなくなってきた場合に、査証欄を増やすことができます。

それを、「増補」と言います。

 

主な内容は、

・40ページ追加

・手数料は2500円(国の証紙2000円、都道府県の証紙500円)

・受取まで5日(長崎県佐世保市の場合)

※東京などでは、30分から2時間程度で受け取れる場所もあります。

なお、増補したパスポートをさらに増補することはできません。

もし増補後の40ページを有効期限内に使い終えたら、そのパスポートは失効になり、再度パスポートの申請が必要です。

 

増補の流れ

私は、長崎県佐世保市在住なので、佐世保市役所で増補申請を行いました。

本庁舎の1階戸籍住民窓口課で申請をします。

 

申請の流れは、簡単です。

「一般旅券査証欄増補申請書」という書類を記入します。(記入する分量は、そう多くありません。)

それとパスポートを提出し、引換証を受領します。

 

5日後に受取が可能です。

引換証には、受取までに証紙が必要になります。

地下の売店で国の証紙2000円、都道府県の証紙500円を購入しましょう。

(事前に自分で準備する必要はありません。)

申請できる場所に証紙は売っているので、事前に準備する必要はありません。

 

5日後に、パスポートを受領し完了です。

手続きは非常に簡単です。

増補されたページです。S-1から始まります。

分厚くなったパスポートですが、40ページ増えてもさほど厚く感じません。

 

私のこのパスポートは、あと4年余り。

あとどれぐらい旅を歩んでいけるか、一つ一つの旅を大事にしたいですね。

 

以上が、「パスポートの増補の方法」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/