バンコク・スワンナプーム国際空港<プライオリティパス利用可能>エールフランス-KLMスカイラウンジ全貌紹介

先日、バンコクマラソン2018に参加するため、バンコクを久しぶりに訪れました。

いやー約2年ぶりでした。

他の地域に浮気していると、あっという間にこんなに久々に。笑

 

今回は、渡航時にバンコク・スワンナプーム国際空港のエールフランス-KLMスカイラウンジを利用したので、その全貌を紹介します。

エールフランス-KLMスカイラウンジの概要

エールフランス-KLMスカイラウンジは、名前の通りエールフランスやオランダのKLM航空を利用する、又はその2社の加盟するスカイチームに属する航空会社(例えば、大韓航空)の上級会員やビジネスクラスなどに搭乗予定の乗客が利用できる航空会社ラウンジです。

私が利用したのはANAでした。

なので通常は入室できるはずのない航空会社ラウンジになります。

しかし嬉しいことに、このラウンジはプライオリティパスラウンジです。

プライオリティパスで入室しましょう。

[旅好き必見]空港ラウンジで優雅な時間を過ごせるプライオリティパスについて

 

エールフランス-KLMスカイラウンジの場所

ラウンジの場所は、スワンナプーム国際空港のコンコースFです。

スワンナプーム国際空港、なかなか広いので手こずります。

イミグレーションを出た4Fは、免税品店やレストランがズラリと並んでいるフロアです。

航空会社のラウンジは、搭乗口がある3Fにあるので、4Fをウロウロしないようにしましょう。

これが入口です。

 

エールフランス-KLMスカイラウンジの利用条件

エールフランス-KLMスカイラウンジの利用条件を整理します。

<利用条件>

スカイチーム加盟航空会社ファースト・ビジネスクラス搭乗客、スカイチーム・エリートプラス会員、プライオリティパス

<営業時間>

24時間

<最大滞在時間>

3時間(プライオリティパス利用時)

 

エールフランス-KLMスカイラウンジの内部を紹介

それでは、内部を見てみましょう。

次に、料理です。

エールフランスのラウンジとあって、メインは洋食で、パンがとてもおいしかったです。

アルコールもあります。ソフトドリンクもありますが、写真を取り損ねました。汗

シャワーは利用しませんでしたが、写真だけ撮ってきました。

以上が、エールフランス-KLMスカイラウンジ全貌紹介です。

皆さんも是非利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/