西安咸陽国際空港から西安市街地へバスで向かう方法

中国でも有名な都市である西安へ日本から向かう場合、西安咸陽国際空港を利用します。

西安咸陽国際空港は、西安中心部より北西に約50km離れています。

現在は、電車が開通していないため

・タクシー

・バス

が旅行者の選択肢になります。

(なお鉄道については、西安北駅から空港への鉄道が着工しています。)

そこで今回は、西安咸陽国際空港から西安市街地へバスを利用したので、その様子を紹介します。

西安咸陽国際空港の空港バス網

鉄道が開通していないので、西安咸陽国際空港のバス網は充実しています。

主には西安路線です。

西安路線…13路線

咸陽路線…2路線

詳細は、下記のHPを参照してください。

http://www.xxia.com.cn/site/traffic/airportBus

私は、西安の鐘楼と南門(永寧門)の間にあるホテルを予約していたので、紹介したHPの「钟楼专线」の路線を利用しました。

このバスの最終目的地は、鐘楼近くの鐘楼飯店(ベルタワーホテル)に到着します。

西安中心部でホテルを予約している場合は、この路線を利用するといいでしょう。

バス乗車までの流れ

空港バス乗車までの流れを説明します。

私は中国国際航空の国内線を利用したので、第2ターミナルに到着しました。

制限エリアの出口を抜けると、目の前にバスのチケット売り場があります。

行き先を告げて、一緒にパスポートを提示しましょう。

なお、スタッフは英語が通じませんでした。

仕方ないので、スマホの翻訳アプリで「鐘楼」とインプットして見せると納得してもらえました。

料金は、25元です。

バスの乗り場は出口すぐで、案内板もあります。

所要時間は、HPでは80分と記載されていますが、実際には1時間40分かかりました。

夕方の時間であることと、天候も雨だったので、西安市街は渋滞でした。

途中、西稍门空港商务酒店(西門のエアポートホテル)に寄り、鐘楼飯店へ到着となります。

以上が、「西安咸陽国際空港から西安市街地へバスで向かう方法」

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/