佐世保から上五島・有川へフェリーで行く方法

日本でも多くの島を有している長崎県ですが、その島へ向かう交通手段はフェリーが最も一般的です。

主に長崎港と佐世保港で発着しています。

今回は、佐世保から上五島の有川までフェリーを利用しました。

その様子を紹介します。

概要

佐世保から上五島へは、

・高速船(ジェットフォイル)

・フェリー

の選択肢があります。

所要時間は、高速船の方が短いので、観光や仕事で向かう場合は高速船の利用がいいでしょう。

私は、トライアスロンのレースに出場する予定があり、自転車を持ち込んだので、必然的にフェリーとなりました。

(高速船に自転車の持込はできません。)

フェリーの時刻表は、運行する九州商船のサイトで確認しましょう。

運賃やダイヤは時期によって変わります。

https://kyusho.co.jp/publics/index/126/

私が利用したときは、

佐世保  8:00 有川 10:35

佐世保 13:45 有川 16:20

の便がありました。

有川までの所要時間は、約2時間半です。

乗船券の購入

佐世保から有川行のフェリーに乗る場合は、鯨瀬ターミナルビルを利用します。

鯨瀬ターミナルビルを入って、左側に九州商船の乗船券売り場はあります。

注意はフェリーを利用する場合は、乗船旅客の予約はありません。

(車両のみ予約可能。)

出港時間の約1時間前から乗船券に販売があるので、その時間に合わせて窓口へ行きましょう。

有川行の乗船券を購入です。

自転車込みで片道3,650円でした。

残念なのは、クレジットカードが使えないことです。

必ず現金を持っていきましょう。

鯨瀬ターミナルビル近くにコンビニはありません。

乗船と道中

乗船券を購入後は、待合にいると乗船連絡がアナウンスされるので、乗り場へ向かいましょう。

乗るのは、「フェリーなみじ」です。

特に指定をしていなければ、二等客室になります。

雑魚寝スタイルです。

ゆったりと有川まで行きましょう。

外に出て、海を眺めることも可能です。

フェリー内に売店はありませんが、ジュース、カップラーメン、ビールの自販機がありました。

有川港多目的ターミナル到着

2時間半で有川港に到着です。

有川は、上五島で最も大きい町です。

フェリーターミナルは、非常にきれいでした。

鯨賓館ミュージアムという有川名物の鯨にフォーカスした建物も併設されています。

以上が、「佐世保から上五島・有川へフェリーで行く方法」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/