シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法

東京23区ほどの大きさしかないシンガポール。
高層ビルが聳え立ち、近代国家の印象を受けます。

しかし、ここは熱帯の南国。
リゾートとしての側面も持ち合わせています。

その代表が、インドネシア領でありながらシンガポールから日帰りが可能なビンタン島です。
週末には、日帰りや1泊でリゾートアクティビティを求めて、主に子供連れの家族が訪れます。

今回は、私もビンタン島を訪れましたので、
シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法を紹介します。

 

MRTタナメラ駅からバスでフェリーターミナルへ向かう

 

まずは、MRT東西線でタナメラ(Tanah Merah)駅に向かいましょう。

そして、ここからはバスを使って、タナメラフェリーターミナルへアクセスします。
タナメラ駅のバス停から35番のバスでそれが可能です。

進行方向は、シンガポール市街から向かう人は、その進行方向のバス停を利用してください。
具体的には、シンガポールエキスポやチャンギ空港へ向かう方向のバスです。

シンガポールのバスといえば、このSBS Transit

 

タナメラ・フェリーターミナルの外観

 

チケットの購入方法

 

まず、チケットの購入方法は2通りあります。

・チケットカウンターで購入

・ウェブで予約購入

私が選んだのは、チケットカウンターで購入です。
フェリーターミナルを入って中央に、ビンタンリゾートフェリー社のチケットカウンターがあるので、そこでチケットを購入してください。

チケットのチェックインは、2時間前が推奨されていますが、個人的な感想としては1時間半前あたりまでにできれば問題ないと思いました。
(待合ロビーに自販機と簡単なコーヒースタンドしかないので、時間を持て余すと思います。)
※出発時刻の40分前までにチェックインできなければ、その予約はキャンセルされます。

すでにビンタン島へ向かう日時が決まっている場合は、ウェブでの予約がいいです。
特に週末になると、家族連れの1dayトリップが多いので、断然予約がおススメです。

予約は下記で可能です。
http://www.brf.com.sg/

料金は、http://www.brf.com.sg/から参照すると下記になります。
週末や祝日はpeak料金です。

今回の私は、週中(offpeak)に利用したので、58SGDでした。

ターミナル入口から中央にビンタン・リゾート・フェリーのチケット購入窓口があるので、そこでチケットを購入

搭乗券というよりレシートといった印象

 

チケット購入後は、出国審査へ

ビンタン島、インドネシア領です。
そのため、シンガポール側の出国審査が必要です。

この辺は、日本に住んでいると感覚的に違和感があるところですね。

唯一注意が必要なのは、ビンタン島へは家族連れが多いと先述しましたが、
子供の出国審査が行われるため、時間や手間がかかる可能性があるということです。

ちなみに私の場合は、20分ほどで通過しました。

ビンタン島はインドネシア領。搭乗前に出国審査が必要

Departureの案内に従って進む

フェリーへの搭乗手続き

 

出発時刻の20分前あたりから、搭乗手続きが行われます。
この辺の手続きも、国際線フライトと同様と考えてもらって支障はありません。

係員に搭乗券とパスポートを見せて通過すると、あとはフェリーに乗り込むだけになります。

ゲートを通過し、フェリーまで歩いて向かう。

フェリーは一階がエコノミークラスで、2階が上級のエメラルドクラスになっている。

 

気になるフェリー内部の様子

 

私が乗ったのは、エコノミークラスなので一階の適当な席を確保しました。
エコノミークラスは自由席なので、先着順に席が選べます。

席はいたって普通。可もなく不可もなくといった感じです。

泊まりで向かう人は、キャリーケースがあると思いますが、
フェリー入口にまとめて置く場所があるので、そちらに預けておいてください。(当然ですが、盗難には注意です。)

また、内部には小さな売店があるので、軽食やドリンクが入手可能です。

船内での注意点は、シンガポールや東南アジアを頻繁に旅行している人はわかるかと思いますが、
とにかく冷房が効いてます。寒さを感じたら羽織れる上着を持っておくことをおススメします。

エコノミーに座席の指定はないため、自由に席を確保できる。もちろん風景を楽しみたいなら窓側の席を確保したい。

一階には小さな売店があり、軽食やドリンクを買うことができる。

 

海上の様子

シンガポール海峡を通過する巨大なタンカーを縫うように進んでいく。

ビンタン島へは、所要時間が約1時間程度です。

気を付ける点は、インドネシアにはシンガポールの-1時間の時差があります。

そのため、AM10時にシンガポールを出発して航海時間約1時間で、ビンタン島へ到着するのはAM10時です。
違和感しかないのですが、フェリー内で時計をインドネシア時間に合わせておきましょう。

また、帰りは逆に+1時間になるので、AM10時にビンタン島を出発して約1時間の航海をすると、シンガポール到着時刻はPM0時になります。

個人的には、是非窓側の席を確保してほしいと思います。

それは、世界有数の海峡を有するシンガポールの様子を感じることができるからです。
数多く浮かぶ巨大なタンカーを縫うように進むのは、臨場感バツグンです。

シンガポールの海に関する事情は、以下を参照してください。

ビンタン島の玄関口Bandar Bentan Telaniに到着

 

約1時間で、ビンタン島の玄関口であるBandar Bentan Telaniに到着します。

降船後は、インドネシアの入国審査を通過すると、ビンタン島へ。
なお、インドネシアでは2015年6月12日より30日以内の観光であれば入国ビザの取得が免除されています。

在インドネシア日本国大使館HPを参照。
http://www.id.emb-japan.go.jp/visaj_10_01.html

約60分でビンタン島リゾートフェリーターミナルへ到着。

以上が、長くなりましたが、シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法の紹介です。

週中のビンタン島は、人も少ないのでまったりできました。
是非参考にしてみてください。

2 件のコメント

  • 突然のご連絡失礼します。
    旅行会社Voyagin(楽天グループ会社)の早川と申します。

    この度はげーしー様のビンタン島に関するこちらの記事を拝見し、弊社とのアフィリエイト提携をご提案したくご連絡致しました。

    具体的には以下3点となります。
    ・アフィリエイトリンク経由で成約した予約のうち販売額の5%を報酬として獲得
    ・アフィリエイトリンクを記事に掲載するだけ、契約書の必要なし
    ・記事を通じてビンタン島に興味を持った読者が、チケットの購入方法について調べる必要なくラクラク予約。お得なチケット情報をご提供いただくことで読者が増え、ページのコンテンツ価値が上がります。

    以下、ビンタン島日帰りツアー(http://voyag.in/bintanSG_ja)の特徴です。

    ★日帰りツアーなので、一日の時間を有意義にお使いいただけます。
    ★トリックアートミュージアムの入場券付き。
    ★往復送迎付きオプションもご予約可能。
    ★シュノーケリングツアー、またはマングローブ(亜熱帯地域の森林)ツアーのどちらかをオプションでお選びいただけます。
    ★弊社HPは日本語に対応!安心してご予約いただけます。

    具体的には、記事に弊社のビンタン島日帰りツアー予約ページのアフィリエイトリンクを掲載頂き、そのリンクから弊社サイトに読者をご送客頂くというものですので、げーしー様には記事の中にリンクを設置頂くお手間のみおかけ致しますが、読者にとっても魅力的な提携となるかと存じます。

    発行されたアフィリエイトコードは弊社のすべての体験に共通してお使い頂けますので、別の体験をご紹介頂いた場合も同様に5%のアフィリエイト報酬を獲得できます。
    弊社HP: voyag.in/top-ja

    ご興味をお持ち頂けるようでしたら早速弊社で専用のアフィリエイトコードを発行致しますので、ご連絡頂けますと幸いです。

    ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談ください。お返事お待ちしております。

    Voyagin早川

    • 株式会社Voyagin
      早川様

      身に余るようなお話をありがとうございます。

      このサイトは、私の旅での経験をシェアしています。
      残念ながら、御社のサービスを利用したことがないため、広告として勧めるのは憚られるというのが正直な感想です。
      この点、私の主義に反しますので今回は辞退させてください。

      ビンタン島の日帰りツアーをされているんですね。
      シンガポールにはないアクティビティがたくさんあると思いますので、
      御社のサービスで少しでも旅好きが増えることを期待しています。

      良いビジネスにしてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/