シンガポールからジョホールバルへ国境越えバスで行く方法

東京23区ほどの広さしかないシンガポールには、様々な人種の人が生活しています。
特に、隣国マレーシアからの出稼ぎも多く、仕事を求めてシンガポールに渡航している状況です。

そこで問題になるのが、足(いわゆる交通手段)です。
マレーシアからシンガポールへ向かう際の国境の街・ジョホールバルへのバスは毎日頻繁に行き来しており、そうした人の足になっています。

日本人にとって、陸続きの国境越えなんて現実味ないですよね!

さて今回は、そんな多くのマレーシア人も利用しているシンガポールからジョホールバルへの国境越えバスの利用方法を紹介します。

なお、バス以外にも電車などあるのですが、バスが利便性とコスパはバツグンです。

 

クイーンズバスターミナルへ(MRTブギズ駅近く)

 

まずは、出発地点へ向かいます。
王道は、ジョホールバル方面のバスが頻繁に出ているクイーンズバスターミナルです。

ブギズ駅(出口A)から出ると、大きな芝生の駐車場の先に教会があります。

ブギズ駅出口Aへ向かうQueen St方面へ

ブギズ駅出口Aの様子

その教会の先に、クイーンズバスターミナルはあります。

目印は教会の「AUSTON」の文字

行くと、人だかりのクイーンズバスターミナル

 

チケットの購入

 

まず、簡単に言うと必ず行列ができているので、それに並べば近いうちにジョホールバル行きのバスに乗れます。汗
ジョホールバル行きは、2社が頻繁に運行しています。どのバスも値段はほぼ同じですので目についたバス標記で問題ないように思います。

とにかく行列がすごいです!並んでカウンターでお金(S$3.30)を払うと、そのままバスに乗ります。

私が乗ったバスは、S$3.30でした。どのバスもほぼ値段は同一

あとは、シンガポールのチェックポイントであるウッドランド(Woodlands)まで約1時間バスに揺られて向かいます。

国境付近は、こんな感じの渋滞が続きます。

ウッドランドに着くと一度バスを降りて、シンガポールの出国手続きです。
ここもかなり混み合っているので、週末やラッシュアワーのときは心してください。(私は、約1時間半かかりました。)

 

シンガポール出国後

 

出国手続きが終わると、またバスへ戻ります。
手続き時間によっては、乗っていたバスはもう行っています。しかし、乗ってきたバス会社であれば再度ジョホールバルまで乗せてくれるので、乗ってきたバスのレーンに並びましょう。

ちょっとわかりにくいですが、バス会社ごとにレーン分け・乗り場分けされています。

あとは、バス再乗車してジョホールバル(マレーシアのチェックポイント)へ向かうだけです。

以上が簡単ですが、シンガポールからジョホールバルへ国境越えバスで行く方法です。

国境越えまで、約270円で日帰りの十分可能ですので、シンガポール旅のスパイスとして挑戦してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/