背景は歴史にあり!中央アジアに韓国路線フライトが存在する理由

2017年に中央アジア(カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン)を訪れました。

日本から向かったのですが、日本からの直行便はなく、往復のフライトは韓国のアシアナ航空を利用しました。

ここで不思議な事実に遭遇しました。

なぜ中央アジアへ日本からの直行便がないのに、韓国からはカザフスタン(アルマティ)やウズベキスタン(タシケント)行きのフライトが存在するのか?ということです。

今回は、そのときの考察を書いていきます。

結論は、歴史にあります。

高麗人のシベリア移住

概要は、Wikipediaに譲りますが、19世紀に朝鮮での国政の混乱により、高麗人がシベリア(ロシア)に移住しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97%E4%BA%BA

その後、高麗人は、第二次世界大戦やソ連崩壊を経てもロシア、中央アジアで生活し続けているという事実があります。

高麗人の現在の居住地域を見ると、

ウズベキスタン 198,000人
ロシア     125,000人
カザフスタン  105,000人
キルギス    19,000人
ウクライナ   12,000人
(Wikipediaより)

となっています。

ウズベキスタンやカザフスタンには、高麗人墓地も存在し、韓国にとって祖国の先祖と関係の深い場所です。

そのため、中央アジアへの定期フライトを飛ばしていているのでしょう。

移住者と就航フライトの関係性

日本国内にも、移住と関係した就航フライトがあったようです。

高知-宮崎の路線です。(2007年運休)

理由は、宮崎へ高知から移住してきた人が多かったからだそうです。

この書籍に書いてありました。

宮崎-松山便(2005年運休)が存在していたことも同じ理由かもしれません。

このように、自国の移住者の歴史がフライトに影響を与えることもあります。

訪れた都市であれ?と思う就航先があれば、新たな発見があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/