カザフスタン・アルマティ国際空港から市街地へタクシー向かう場合の相場情報

日本には馴染みのない国の一つかもしれない、カザフスタンです。

首都はアスタナですが、商都としては南部のアルマティ(日本ではアルマトイということが多い)で、ソ連時代はこのアルマティが首都して機能していました。

今回は、「カザフスタン・アルマティ国際空港から市街地へタクシー向かう場合の相場情報」を紹介します。

 

まずは、タクシーカウンターへ

 

私が搭乗したアシアナ航空の仁川-アルマティ便は、到着が22時過ぎのため
市街地へはタクシーを選択しました。

まずは、タクシーカウンターを目指します。

空港出口には、Taxiの表記があります。空港を出て、まっすぐです。

空港を出ると、いつも通りタクシーの声かけが引っ切り無しに来ますが、そこは無視です。

空港を出たら、正面にOfficial Taxiと書かれたカウンターが見えるはずです。

Official Taxiカウンター。結構目立ちます。

カウンターで行き先を告げると、料金を教えてくれる

 

白タクの列。アルマティにオフィシャルなタクシーはない。

まず、Official Taxiと仰々しく書いていますが、アルマティにOfficialなタクシーなんてありません。
全部白タクです。笑

しかし、ここでドライバーや行き先を手配した方が良いことは間違いなく、行き先を告げると、あらかじめ料金を通知してくれます。(クレジットカードは使えるのでしょうか?一応マークはありますが、、、)

一応、ホテルのバウチャーをコピーして持参し、カウンターで見せると手っ取り早いです。

私の場合、市街地のホテルまでは、3,000テンゲでした。

某ガイドブックには、先払いと書いていますが、私の場合は後払いで、
途中の道すがらも、客を拾ったりしてホテルへ向かいました。汗
時間にして、30分ぐらいでしょうか。

以上が、「カザフスタン・アルマティ国際空港から市街地へタクシー向かう場合の相場情報」です。
参考にしてみてください。

なお、カウンターで価格交渉は行っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/