金沢市内一日フリー乗車券利用のヒントその2: 右回りルートの利用者が多い

金沢市内一日フリー乗車券利用のヒントその2: 右回りルートの利用者が多い

金沢市内観光には、北鉄バスが運営している「金沢市内一日フリー乗車券」がマストアイテムです。

簡単にもとが取れてしまいます。

金沢観光に行った際に、このフリー乗車券に大変お世話になりました。

その中で、何点か気づきがあったのでここで紹介します。

金沢駅からは右回りルートの利用者が多い

ヒントその2は、金沢駅からは右回りルートの利用者が多いということです。

金沢市内一日フリー乗車券を購入する場所は、金沢駅が多いでしょう。

金沢駅に周遊バスのりばがあり、右回りルートと左回りルートに分かれていますが、明らかに右回りルートに人が集まります。

写真ではわかりにくいですが、右回りの列に多くの人が並んでいます。

右回りに人気が集中する理由は、右回りルートの一番近い主要観光地が、ひがし茶屋街ということが挙げられます。

おそらくですが、金沢で一番人気の観光地だと思います。

みなさんはまずはそこを目指すため、右回りルートに乗ります。

左回りルートを利用することで、バス乗車時を含め、多少の混雑を緩和できます。

混雑が嫌な人は、左回りルートを選びましょう。

もちろん私は、左回りルートに沿って一周しました。

以上が、「金沢市内一日フリー乗車券利用のヒントその2: 右回りルートの利用者が多い」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/