【お得・利用例あり】まるごと日光 東武フリーパスを使って日光観光に行ってきました

【お得・利用例あり】まるごと日光 東武フリーパスを使って日光観光に行ってきました

世界遺産のまち・栃木県日光に行ってきました。

この旅行で東武鉄道が発売している「まるごと日光 東武フリーパス」を利用しました。

とてもお得に旅ができました。

ここでは、まるごと日光 東武フリーパスの概要と利用方法、利用した感想を書いてみます。

まるごと日光 東武フリーパスの概要

概要

まるごと日光 東武フリーパスは、東武鉄道が販売している栃木・日光観光用のお得なきっぷです。

購入によって発券から4日間、

日光までの鉄道料金と日光地区の鉄道、バスが乗り放題になります。

乗り放題のエリアは、以下のようになっています。

(引用元:東武鉄道HP

日光での乗り放題エリアは、バスがメインです。

観光を目的とした場合、乗り放題のエリアとしては、十分な範囲です。

料金

料金は、浅草出発の場合、

4,610円です。(12~3月利用の場合は、4,220円)

注意点は、これには特急券の料金が含まれないことです。

別途、特急券は購入しなければなりません。

購入場所

・東武線各駅の駅窓口(対象外窓口あり)

・東武線主要駅の定期券販売機能付き自動券売機

・浅草駅旅行センター

・東武トップツアーズなど旅行代理店

浅草駅から乗車する場合は、旅行センターで購入するのが簡単です。

残念だったのは、クレジットカードが使用不可だったことです。

利用方法

利用方法は、発券されたフリーパスを使います。

浅草-東武日光間の鉄道では、特急券のみ改札で回収され、フリーパスは戻ってきます。

忘れずに取りましょう。

日光でのバスでは、乗車時と降車時にこのフリーパスを運転手に見せます。

まるごと日光 東武フリーパスの利用例

延べ3日間、日光に滞在しました。

3日間の移動(実例)をまとめておきます。

3日目の最終日は、レンタカーを利用して移動したので、

このフリーパスは使っていません。

1日目(①):日光の世界遺産エリア(日光の社寺)、中禅寺湖、華厳の滝

2日目(②):日光の世界遺産エリア(日光の社寺)

3日目(③):レンタカーで観光、帰路

移動通常料金まるごと日光 東武フリーパス
4,610円
①浅草-東武日光(※)乗車券:1,390円
特急券:1,470円
特急券:1,470円
①東武日光-神橋200円
①西参道入口-中禅寺温泉1,000円
①中禅寺温泉-東武日光1,150円
②東武日光-二荒山神社前320円
②勝道上人像前-東武日光200円
③東武日光-浅草(※)乗車券:1,390円
特急券:1,470円
特急券:1,470円
8,590円7,550円
※ 浅草-東武日光は、行き帰りとも、リバティけごん号を利用。

実質2日間しか使っていませんが、しっかりともとはとれています。

料金を見てわかるとおり、

世界遺産エリアと華厳の滝や中禅寺湖を含む奥日光まで観光を考えている人は、

十中八九、得するきっぷです。

世界遺産めぐり手形はおすすめできない

その他に、東武鉄道が販売している「世界遺産めぐり手形」という路線バスのフリーパスがあります。

こちらは、東武日光駅から世界遺産エリア内のバス路線が一日乗り放題になる乗車券です。

一見お得な乗車券に感じますが、私が日光を旅した感想からすると不要です。

以下にまとめています。

以上が、「【お得・利用例あり】まるごと日光 東武フリーパスを使って日光観光に行ってきました」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/