[2泊3日まではNG]佐世保旅行にハウステンボス観光を組み込むことはできるのか?

[2泊3日まではNG]佐世保旅行にハウステンボス観光を組み込むことはできるのか?

長崎県佐世保市在住ということで、

県外の友人から佐世保やハウステンボスの観光について相談されることがあります。

よく聞かれるのが、

「佐世保とハウステンボスを回るなら、どれくらいの日数が必要か?」ということです。

この場合、目的やニュアンスによりますが、

佐世保観光がメインでハウステンボスをくっつける場合、2泊3日まではやめておいたほうが無難です。

なお、ハウステンボスが目的の人は、1泊2日でもいけます。

がっつり楽しんでください。

今回は、なぜ2泊3日まではNGなのか?

その理由をまとめみます。

佐世保市とハウステンボスの位置関係

はじめに、佐世保市とハウステンボスの位置関係を整理します。

といっても、ハウステンボスも佐世保市に所在しています。

佐世保駅からハウステンボスまでは、約15kmです。

佐世保駅からJRを利用すれば、20分弱で到着します。

地理的には、そう遠くありません。

2泊3日まではNGと考える理由

2泊3日以内の佐世保旅行(特に初めての場合)で、

ハウステンボス観光を組み込まないほうがよい理由は、2点あります。

佐世保市の観光スポットは点在している

まず1点目は、佐世保市の観光スポットが点在しているということです。

佐世保市内中心部にも観光スポット(鎮守府など)はありますが、

ほとんどが郊外に点在しています。

九十九島の展望台が良い例です。

よって、移動時間が多くなると思います。

世界遺産がある平戸などを含めると、もっと時間がかかります。

効率的に観光できないことによって、巡るスポットも限定的になるでしょう。

これが理由で、私は佐世保観光は車が必須だと言っています。

ハウステンボスはテーマパーク

2点目は、当たり前の話です。

それは、ハウステンボスがテーマパークである以上、観光に時間がかかるのは当然だからです。

ビジネス上、来訪者の滞在時間を長くするような作り方をしています。

例えば、ディズニーランドやUSJのようなテーマパークが、

「1時間で回れる!」なんて宣伝しませんよね?

テーマパークは、お客さんをいかに滞在時間を長くできるかを苦心しています。

最低でも、半日は必要だと思ってもらって結構です。

このように、

佐世保観光については、思ったより時間がかかると考えたほうが無難です。

2泊3日でもハウステンボス観光が可能な場合

ここまで、2泊3日の佐世保旅行でハウステンボス観光はやめておいたほうがいいと書いてきました。

ここで逆に、2泊3日でもハウステンボス観光が可能な場合を考えてみます。

それは、

・中日(なかび)の昼過ぎから、

・ハウステンボスで1泊する

です。

ハウステンボスで1泊することによって、ハウステンボス観光に半日以上の時間を充てることができます。

残りの時間で、佐世保観光をしましょう。

どうしても佐世保旅行にハウステンボス観光を組み込みたい人は、

このようなプランを練ることをおすすめします。

ハウステンボスのホテルは、もちろん施設内に確保します。

ホテル日航ハウステンボス

ホテルオークラJRハウステンボス

ホテルアムステルダム

ホテルヨーロッパ

ウォーターマークホテル長崎

変なホテル

JR佐世保駅からハウステンボス駅への行き方

JR佐世保駅からハウステンボス駅まで向かった様子をまとめています。

佐世保旅行と合わせて、

ハウステンボスを訪れる予定の方は、参考にしてみてください。

JRの乗車時間は、20分です。

JRハウステンボス駅のコインロッカー情報

ハウステンボスへはJRでアクセスする人が多いでしょう。

ハウステンボス構内にコインロッカーはありますが、

JRハウステンボス駅にもコインロッカーが設置されています。

大きな荷物があって、ハウステンボス構内に持ち込むのが面倒な場合はここで預けましょう。

佐世保のホテルはアーケード周辺に泊ろう

佐世保旅行のホテルは、

アーケードの周辺に予約することをおすすめします。

佐世保の繁華街に近く、旅行者にとって便利です。

以下で、詳しくまとめています。

以上が、「[2泊3日まではNG]佐世保旅行にハウステンボス観光を組み込むことはできるのか?」です。

参考にしてみてください。

佐世保旅行のお役立ち情報まとめ

佐世保を訪れる際の情報をまとめています。

佐世保を旅行される人の参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/