台北の絶景とお茶の聖地!猫空ロープウェイ観光がNGな日時とは?

台北には日帰りで行ける郊外の観光地がたくさんあります。

その一つが、猫空(Maokong)。
台北の南の丘陵地帯で、台湾でも有数のお茶の生産地として有名です。

そして、この猫空にはもう一つ目玉があります。

それは、台北の絶景とお茶畑を同時に楽しめるロープウェイです。

ロープウェイからの眺望は抜群。

今回は、そんなロープウェイを楽しむために「猫空ロープウェイ観光がNGな日時」を紹介します。

 

絶対NGは、週末の午前~午後にかけての乗車

 

まずここまで書いておいてですが、このロープウェイは個人的に超おススメです。
天気が悪い日以外は、昼夜問わず台北の街や茶畑を見下ろしながら空中散歩できるので、台湾旅のハイライトになりうる場所で、この猫空のカフェで飲む台湾茶は、格別です。

猫空ロープウェイHP(月曜日は運休日)
http://english.gondola.taipei/

 

さて、本題です。
私は、NGな時間帯は、週末の午前~午後と考えています。

理由は、猫空のロープウェイはとにかく家族連れが多いんです。
ロープウェイの始発駅が、台北動物園に近接していることもあると思いますが、動物園―ロープウェイの週末満喫コースが台北市民の一つの定番になっています。

そのため、週末は常に行列ができており、ロープウェイに乗るまでの待ち時間で疲れてしまいます。(これに団体観光客が入ってきます。)
行列に並ぶのが嫌いな人は、特に日曜日(or台湾の祝日)に猫空観光はやめることをおすすめします。

平日>土曜日>日曜日で、旅程を考えてもらうのがいいです。

せっかくの台湾旅行ですので、行列で時間を浪費するのはもったいないので、
できる範囲でフレキシブルに計画を立てて、旅を効率的に楽しみを最大化しましょう。

なお、台湾は自転車が有名で、街の至る所に自転車(シェアサイクル)があります。
猫空は台湾サイクリストから人気のコースで、山頂付近にはサイクリストが多く休憩しています。

猫空の山頂付近には、ヒルクライムしてきたサイクリストも多い。

以上が、「台北の絶景とお茶の聖地!猫空ロープウェイ観光がNGな日時とは?」の紹介です。
是非、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/