扇沢駅から長野駅へバスで向かう方法

扇沢駅から長野駅へバスで向かう方法

立山黒部アルペンルートの長野側の拠点となるのが、

扇沢駅です。

扇沢駅は、長野側からアルペンルートへ向かう観光客でいっぱいです。

今回は、立山黒部アルペンルートを抜けて扇沢駅から長野駅までバスで向かったので、

その様子をまとめます。

扇沢駅から長野駅までの移動方法

扇沢駅から公共交通機関(バス)を利用する場合、

一般的には、松本や白馬へ行ける信濃大町駅へ向かうことが想定されます。

しかし、運行本数は少ないですが、

扇沢駅から長野駅への直通バスも用意されています。

所要時間は、1時間45分前後です。

運賃は、3,100円(片道)でした。

扇沢駅から長野駅へ向かうメリットは、北陸新幹線に接続できることです。

長野駅からスムーズに首都圏へ向かうことが可能です。

扇沢駅から長野駅へバスで向かう方法

扇沢駅から

立山黒部アルペンルートの黒部ダム駅から関電トンネルバスに乗って、

扇沢駅に到着します。

そのまま出口案内に従って、1階まで向かいましょう。

「信濃大町・長野方面ゆきバス」と表示されています。

1階に着くと正面にバス停がたっています。

今回は、立山黒部アルペンルートのチケット一緒に扇沢-長野のチケットも購入していました。

まだ購入していない人は、

バス停の横のきっぷうりばで購入しましょう。

なお、扇沢-長野のバスは、

VISAのタッチ決済が可能なようです。

バスは予約制ではないので、この方法でも良いでしょう。

発車時刻の10分前にはバスが到着したので、

早々にバスに乗り込み、発車を待ちました。

まったく余談ですが、扇沢までは車で来る人が大多数のようです。

扇沢周辺には広大な駐車場が用意されており、

少し離れた駐車場へはシャトルバスが運行していました。

長野駅到着

大きな遅れもなく、

バスは長野駅東口に到着しました。

こちらは閑散としていますが、

長野駅の中心は、反対の善光寺口から広がっています。

時間があれば、散策してみてもいいでしょう。

その際に、大きな荷物がある場合は、

長野駅のコインロッカーを利用すると便利です。

【結論:長野駅善光寺口前】長野のホテル選びの基本的な考え方

長野駅に移動して宿泊を考えている場合は、

長野駅の善光寺口に近い、ホテルを予約することをおすすめします。

実体験から言うと、

かるかや山前交差点の内側で予約するのがベストです。

以上が、「扇沢駅から長野駅へバスで向かう方法」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/