タイでのタクシーの乗り方

土地勘もない海外の移動で最もメジャーなのは、タクシーになりがちです。

特に今回紹介するタイのタクシーは、初乗りが35バーツ(約140円)で日本と比較すると格安です。
しかし、言わずもがな場所は海外です。

日本と同じようにタクシーに乗れるわけではなく、落とし穴もあります。
今回はタイでのタクシーの乗り方を簡単に紹介します。

・手を挙げるときは、低めに

・すぐに乗らず、まずは行き先を告げる

・メーターを押してもらう

・着いたら、お会計

092

手を挙げるときは、低めに

 

日本であれば、手を真上に挙げてタクシーを止めますが、タイはちょっと違います。
手を斜め下にして手を振ります。
街中でやっているタイ人など仕草を参考にしてみてください。

 

すぐに乗らず、まずは行き先を告げる

 

タクシーを止めたら、日本であれば乗車して行き先を告げます。
しかし、タイは違います。まず助手席か後部ドアを開けて行き先を告げます。
そこでOKであれば、そのまま乗車します。運転手が行きたくない場所だったりすると乗車NGになりますので、次をあたりましょう。

では、なぜまず乗車しないのか?
かつてタイの治安が良くないころ、女性などがタクシーに閉じ込められるようなケースがあったそうです。
そのため、まずは行き先を決めて交渉するとタイ人に聞いたことがあります。

 

メーターを押してもらう

 

かつて、タイのタクシーはメーターを踏み倒すことで有名です。
メーターを押していれば、メーターに「35」とディスプレイされています。

ちなみに、タイ語で「メーターを押してください。」は、
「チャイ ミーター ルプラ」です。

押してないときは、そう言いましょう。英語は大抵通用しません。(私は英語が通用したことがありません。)

 

着いたら、お会計

 

目的地に着いたら、お会計です。

ここで最後の難関です。それは、下の記事にあるようにタイのタクシーは少額紙幣しか使えないことが多いです。1,000バーツ紙幣を出しても、お釣りがないと突っぱねられたりします。注意しましょう。
バンコク滞在には100バーツ札と20バーツ札さえあればいい

以上が、簡単ですがタイのタクシー利用の手順と注意点です。
その他の東南アジアの国々でも同じような形で乗るとスムーズです。よいご滞在を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/