喫煙者は注意!タイの空港が全面禁煙へ

2019年2月3日からタイの空港(6カ所)では、全面禁煙になっています。

喫煙者でタイへ渡航される方は、注意しましょう。

タイ国政府観光庁、在タイ日本大使館からも注意喚起が発表されています。

https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20190205.html

空港の全面禁煙

タイ国内にある6箇所の空港(バンコク(スワンナプーム,ドンムアン),プーケット,チェンマイ,ハジャイ,チェンライ(メーファールアン))では,2月3日から全面禁煙となっています。

これに伴い,各空港における喫煙所は閉鎖され,空港ターミナルビルの屋外においても禁煙となりました。

違反した場合には5,000バーツの罰金支払いが求められるとのことです。

その他の罰則

タイでは、空港だけでなくたばこに関する罰則が厳しいです。

街中でたばこを吸う場合も、注意が必要です。

うっかり罪を犯して、罰金を取られたりしないようにしましょう。

(1)入国時のたばこ持ち込み:一人につき1カートン(200本)まで

(2)電子たばこの持ち込み及び使用は禁止

(3)公共施設や商業施設等では,屋外の喫煙スペースを除き原則全面禁煙

(4)たばこのポイ捨ては禁止

タイは色んな事に寛容ですが、たばこに関しては厳格です。

渡航の際は、注意してください。

私はたばこを吸わないのでいいのですが、空港が全面禁止となると喫煙者にとっては結構つらいですよね。

以上が、「喫煙者は注意!タイの空港が全面禁煙へ」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/