馬公空港から市街地へタクシーで向かう場合の相場情報

台湾の離島・澎湖諸島に行ってきました。

この島は離島ということもあり、台湾ではリゾートとして知られています。

 

しかし、私はこの島にバカンスで訪れたのではありません。

トライアスロンをしに行ったんですね。汗

 

澎湖諸島では、IRONMANという国際的なトライアスロンの大会が毎年開催されています。

 

IRONMANとは、直訳すると「鉄人」。

鉄人レースらしく、スイム3.8km、バイク180km、ラン42.2kmの総距離226kmを走破します。

 

別サイトですが、私のIRONAMA台湾2018挑戦記が下記です。

 

話は逸れましたが、今回は澎湖諸島を訪れた際に馬公空港から市街地までタクシーを利用しました。

その際の相場情報を書きたいと思います。

 

澎湖諸島・馬公の概要

まず簡単に澎湖諸島について触れます。

澎湖諸島は、行政上全島が澎湖県とされています。日本の沖縄県とか長崎県とかと同じ考え方ですね。

大小90の島からなる特徴的な島です。

 

その中で最も大きいのが、馬公市です。

空の玄関口である空港も馬公市にあり、その名のとおり馬公空港です。

台北から来島する場合は、間違いなく馬公空港を使うことになるでしょう。

この馬公市の中心には、シェラトンのような有名外資チェーンも進出しており、ホテルが多く点在しています。

おそらくほとんどの人が馬公市街地の宿泊施設を利用します。

 

馬公市街地へ

馬公空港から馬公市街地へは、バスまたはタクシーが交通手段です。

 

私は、到着が夜8時を過ぎていたのでタクシーを利用しました。

 

タクシー乗り場は、空港の案内板を見ながら進むと、出口すぐの場所にあります。

澎湖諸島のタクシーは、台湾島と同じオレンジのタクシーです。メーター制を採用しています。

そのため、事前交渉は不要です。ドライバーがちゃんとメーターを押しているかだけを確認してください。

 

馬公市街地のホテルまでは、所要時間で10分弱でした。(距離にして10kmないぐらいです)

 

料金は、235元(≒870円)でした。

アジアの貧乏旅行に慣れている自分にとっては、高く感じましたね。汗

 

以上が、「馬公空港から市街地へタクシーで向かう場合の相場情報」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/