【書評】週末海外

羽田の深夜枠拡大やLCCの拡充により、週末海外はすっかり市民権を得たと思っています。(勝手に。笑)

少なくとも旅好き界隈では、もはや普通のことでしょう。

 

旅関係の書籍も週末&弾丸海外旅を紹介する書籍が一気に増えていましたが、最近は落ち着いてきた印象。

そんな中、「週末海外」という題名そのまんまな本が書店で目に留まって購入しました。

 

私自身、旅本はハマって読んでいた時期がありましたが、最近は少し休んでいました。(旅心を必要以上に掻き立てられるためです。汗)

 

しかし、ここ最近はまた旅本をちらほら買い始めています。

 

コラムが秀逸

この本について書くにあたって、一番の良さはコラムの秀逸さだと思います。

3つ(一人旅、旅アプリ、出発前の確認事)しかありませんが、ここだけ読んでも参考になる。

よくまとまっていて、私が週末&弾丸海外に行くときに重要だと考えている点が網羅されています。

 

「そうそう!」とうなずくポイントが多数です。

目を通しておくと、旅のスキルが上がりますよ。

 

メインは、所要日数ごとに行ける国や地域をカテゴリ分けし、その地域・都市ごとの魅力が書かれています。

ここは眺めるだけでも、旅心がくすぐられると思うので、興味がある場所を見つけてみてください。

 

しかし、実際にその日数で旅行しようと思うと、かなりしんどそうなイメージを持ちましたが。

 

予定より未定

この本で書かれていることで最も同意したのは、予定を入れすぎないことの重要性です。

 

旅のスタート前、ついつい予定を入れまくることがありませんか?

私も以前はありましたし、周囲にもそういう人は多いです。

 

旅行前から予定満腹な人が多いんです。

 

だけど、結局全部やらないんですよね。

私は予定に振り回されて、疲れて帰国という旅が何度もあります。

 

旅では予定に空きがあっても、どんどん埋まっていきます。

それだけ好奇心が高まっているのでしょう。

街を歩けば、見たことな光景やおいしそうな匂いに誘われることもあるので、無理もありません。

 

仕事でもそうですが、予定が埋まっていると新しいものが入る余地がない。

旅の予定も未定でいるほうが、現地で興味を持ったことにどんどんトライできます。

 

この本では、週末海外を満喫するには、「一人旅」や「目的を絞る」ということを挙げていますが、自分も旅を満喫するコツを考えてみました。

個人的に旅を充実させるコツは、

・ツアーより個人手配

・ホテルよりゲストハウス

・予定より未定

・夜より朝

・乗るより歩く

・オンラインよりオフライン

・新市街より旧市街

・デパートより市場

・レストランより食堂

・彼女(氏)より一人

をできるだけ選んでいくことだと考えました。

なので、朝ランとか最強の習慣だと思っています。

 

この本は写真も多く、サクッと読める本でした。

次の渡航先候補を探すときにも使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/