国内に時差がある国ーアフリカ編ー

国内に時差がある国 ーアフリカ編ー

日本に住んでいると、馴染みがないですが、

広い国土を持つ国では、国内に時差が存在します。

今回は、アフリカ編です。

アフリカには、国内に時差を持つ国は、1ヶ国のみです。

一般的な時差の求め方

世界の標準時間は、イギリスのグリニッジ天文台に置かれています。

世界各地の時間は、このロンドンを基に決められており、その求め方は経度を使います。

経度15°=1時間と覚えておきましょう。

よって、東西に長い国土を持つ国は、国内に時差があることが多いです。

表記は、ロンドンをUTC+1とし、日本はロンドンと8時間の時差があるのでUTC+9と示されます。

(グリニッジ天文台(UTC+0)はロンドンの郊外ですが、ロンドンはUTC+1という定義です。)

コンゴ民主共和国🇨🇩

アフリカで国内に複数の時間帯を持つ国は、1ヶ国のみです。

それは、アフリカ大陸のほぼ中央に位置するコンゴ民主共和国🇨🇩です。

日本人にとっては、馴染みの薄い国かと思います。

首都はキンシャサで、こちらが西部時間です。

西部時間(キンシャサ):UTC+1(日本からの時差は、-8時間)

東部時間:UTC+2(日本からの時差は、-7時間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/