広深港高速鉄道・福田駅を出発するまでの流れ

先日、広深港高速鉄道・西九龍駅からの出発の流れを紹介しました。

香港から深圳、広州方面へ出発される方は、下記を参照してください。

今回は、「中国方面(福田駅)から出発するまでの流れ」を紹介します。

広深港高速鉄道とは

広深港高速鉄道とは、中国・広州から深圳を経て香港。西九龍駅へ至る高速鉄道です。

全長は142kmで、
最長区間の広州―西九龍は、従来2時間程度の所要時間を大幅改善し、最短47分で結びます。

2011年に広州―深圳間は開通していましたが、2018年9月23日に全線開通しています。

(引用元:Wikipediaより)

福田駅とは

簡単に、福田駅について紹介しておきます。

「福田」と書いて、「ふくでん」と日本語読みします。英語だと「Futian」です。

切符を購入する際は、英語読みの「Futian」と発音した方が通じやすかったです。

広深港高速鉄道においては、中国への玄関口駅になっていて、その後に深圳北駅などの広州方面へと続いていきます。

福田駅自体は、何もないです。ただ広いだけです。

福田駅周辺は、オフィス地区になっており、目ぼしい観光スポットもありません。

しかし、オフィス地区とあって深圳地下鉄が乗り入れています。

乗り換えて深圳の中心街や華強北へアクセスすることが可能です。

福田駅からの乗車方法

切符の購入方法

香港・西九龍駅と同様に窓口で購入しました。

「To Hongkong」と言えば、西九龍行きと察してくれます。

自動券売機がありますが、ちょっと扱ってみて外国人は買えないような感じだったので諦めました。

(個人カードの要求されたので、中国・香港の人が購入するためのものでしょう)

注意してほしいのは、切符の購入時にクレジットカード(VISAやMASTER)が使えません。

中国の銀聯カードのみが利用可能でした。

もし、手持ちの人民元がない場合は、両替所が構内にあります。

両替所と場所の写真を取り忘れました。

必要な場合は、駅員に聞いてください。

構内の歩くエスカレーターの先にあったとだけ記憶しています。

運賃は、指定席で68元でした。

乗車まで

福田駅から乗車までは、

・切符とパスポートの氏名チェック

・荷物検査

・自動改札

のみです。

福田駅での入出境検査(イミグレーション)はありません。

これらはすべて、西九龍駅に到着して実施されます。

最後の自動改札についても、香港のときと同様です。

出発の10~5分前にしかプラットフォームへ進むことができないので、出発15分前から自動改札の前にみんな並び始めます。

一緒に並びましょう。

前の車両だったので、1等車両の写真を撮りました。

1等は1便に1両のみです。

次回は乗ろうと思います。

以上が、「広深港高速鉄道・福田駅を出発するまでの流れ」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/