げーしーの日帰り釜山滞在記

日本の地方都市にいながらにして、「日帰り海外」ができないものか?考えていました。

といっても私は、地方都市と言えども長崎県佐世保市在住のため、国際線に乗るだけでもまずは福岡に行く必要があります。(車で約2時間)

国内移動だけでも多少のハンディキャップがあります。

そんな事情もありますが、今回「日帰り海外」にトライしてみました。

行き先は、最も近い海外・観光の釜山です。

ソウルも候補に考えましたが、ソウルは直近何度か言っていることもあり、釜山はかれこれ10年以上言っていなかったので釜山にしました。

福岡空港出発まで

当日は、早朝6時に自宅を出て福岡空港国際線へ向かいました。

どうでもいいですが、佐世保からは唐津ルートの高速道路が徐々に出来上がっていて、非常にスムーズです。

国家予算様様です。

フライトは、エアプサンを予約しました。

福岡 9:20 釜山 10:15 BX147

釜山 16:05 福岡 17:00 BX140

定刻通りだと、釜山の滞在時間は6時間です。

しかし、入出国手続きや釜山市街地への移動も考えると、3時間余りの現地自由時間ですね。

福岡発は定刻どおり出発できました。

おまけですが、恥ずかしながらフライト予約の名前を間違っていまして、少々もたつきました。

おすすめのフライト

今回は、往復でエアプサンのフライトを予約しましたが、釜山での滞在時間をMAXにするには、エアラインを別に予約する方がおすすめです。

チェジュ航空:福岡 8:55 釜山 9:45

エアプサン:釜山 18:05 福岡 18:50

このフライトが福岡発の始発便と最終便となっています。

現地滞在時間が約8時間ほど確保できますね。

釜山到着&市街地へ移動

機内では、即座に睡眠をとりました。

釜山到着もほぼ定刻どおりの10:20です。

釜山金海国際空港の入国審査もかなりスムーズで、2分ぐらいで終了です。

そこから、1時間20分ほどかけて電車を乗り継いで釜山市街地へ向かいました。

甘川文化村

まずは、甘川文化村に向かいます。

今回の釜山旅の第一目的地です。

ここは、「韓国のマチュピチュ」「韓国のサントリーニ」と言われる一大フォトスポットです。

激坂を上った先に甘川文化村はあります。

このエリアは、どこへ行っても写真映えするので、街歩きして楽しいですね。

週末は、人が多く混雑しています。

おそらく韓国国内でも有名な観光地になっているんだと思います。韓国人が多いです。

私が行ったときは、ちょうど桜の時期でもあったので、より混雑していたかもしれません。

1時間ほど街歩きして、釜山市街地へ引き返してきました。

チャガルチ市場

次に向かったのは、チャガルチ市場です。

釜山の台所ですね。

私は、旅先で必ずと言っていいほど市場に行くことにしています。

現地で売られているものや売られ方は日本と一味違うので、新しい見方や発見があります。

何か買う必要もないですし、眺めているだけで時間潰しになります。

旅先の貧乏人向けエンタメです。笑

チャガルチ市場を歩きしていると、南浦駅近くまで来ていたのでその流れで、龍頭山公園に立ち寄りました。

龍頭山公園

ここは、高台の公園です。

釜山市民の憩いの場ですが、ホームレスもいます。

この公園は釜山タワーがあることで有名です。

南浦駅の近くから上りのエスカレーターが運行しているので、それで利用しましょう。(帰りは階段です。)

公園からは、釜山港や影山を一望できる他にイ・スンシン像の巨像があります。

そうこうしているうちに、滞在時間のタイムリミットが来ました。

今度は電車で釜山金海国際空港まで電車で向かいます。

釜山金海国際空港まで

釜山金海国際空港では、ラウンジ乞食です。笑

現地行動を詰め込みすぎて、食事もまともに取っていなかったので空港ラウンジが重宝します。

釜山発もほぼ定刻どおりで福岡に向かいました。

日帰り釜山を終えて

佐世保から日帰り釜山をやってみましたが、意外と色んなことができました。

が、無理に詰めこみすぎだと思います。汗

日帰りの場合、目的を1つに絞る(例えば、ショッピングやマッサージ、有名な観光地を一つ)とゆとりのある日帰り旅行が可能です。

次は、ソウルあたりを狙っています。

しかし、経験上イミグレ―ションが時間がかかるのと、仁川空港から市街地までの移動に時間がかかるので1泊が現実的な気がしています。

ま、とりあえず田舎の地方都市からでも「日帰り海外」は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/