FLIXBUS搭乗記-チェコ・プラハ~スロバキア・ブラチスラバ-

2019-2020年の年末年始に中央ヨーロッパを訪れました。

今回は、1カ国のみではなく周遊です。

その中で、ヨーロッパの格安高速バス・FLIXBUS(フリックスバス)を利用しました。

初利用が、チェコ・プラハからスロバキア・ブラチスラバまでだったので、その様子を紹介します。

FLIXBUS(フリックスバス)について

まずは、FLIXBUS(フリックスバス)について紹介します。

ネットでの予約方法などは以下を、参照してください。

フリックスバスは、ドイツを本社に置く格安高速バス会社です。

格安長距離バス会社としては、ヨーロッパ最大の規模を誇っています。

そのため、ヨーロッパの主要都市へはだいたいフリックスバスを使って、アクセス可能です。

出発:プラハ本駅バスのりば

では、出発です。

プラハにはいくつかバスターミナルがあります。

ブラチスラバ行き(バスの最終目的地は、ハンガリー・ブダペスト)は、プラハ本駅のバスのりばから乗車できます。

1月2日AM6:20発のバスに乗る予定だったのですが、年始とあって早朝でも多くの人がいました。

なお参考として、プラハ本駅の売店は、早朝(AM6時前)でもオープンしています。

ただし、ホットコーヒーが入手できるコーヒースタンドは6時からです。

COSTA COFFEEのみ開いていたのですが、かなり混雑していました。

エスカレーターを使って、バスのりばがある4階に上がります。

なお、階段でも行けるのかもしれませんが、よくわかりませんでした。

バスのりばは屋外になっており、数個のバスのりばが行き先ごとに存在します。

ただし、さすがに早朝すぎるのか、人がいる場所は1ヶ所(4番のりば)で、それがブダペスト行きのバスのりばでした。

バスが到着したら、スタッフにチケットを提示して乗り込みます。

座席の指定はありませんでした。

(ネット上では座席指定(有料)しますが、意味がなかったです。わざわざお金を出して、座席指定する必要はないと思います。)

プラハ-ブラチスラバ間の道中

チェコ・プラハからスロバキア・ブラチスラバまでは、約4時間です。

そこそこの長旅です。(途中、ブルノに止まり、乗下車がありました。)

フリックスバスは、格安ですが設備は十分満足できるものです。

各シートに充電できるUSBポート、車内Free Wi-Fi、車内トイレがあります。

またシートも大柄なヨーロッパ系の人向けに作られているので、日本人にはゆとりがあります。

快適でした。

プラハ-ブラチスラバでの道中での出来事や風景を描写したいのですが、早朝だったためがっつり寝てしまいました。汗

ところどころ撮った風景です。外は激寒でした。汗

到着:ブラチスラババスターミナル

予定どおりに、10:45少し前にブラチスラババスターミナルに到着しました。

ブラチスラバのバスターミナルは一つです。

ブラチスラバ中心地より1.5kmほど東にあります。

北欧のような木を中心としたデザインで非常にきれいでした。

以上が、「FLIXBUS搭乗記-チェコ・プラハ~スロバキア・ブラチスラバ-」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/