プラハでユーロは使えるのか?

先日、ヨーロッパの国々はすべて統一通貨:ユーロが使用されていると思っている人に遭遇しました。

ちょっと、びっくりです。汗

まあでも、日本で生きているとヨーロッパなんて遠いし、そこまで感心がないので仕方がないとも思います。

そんなときに、2019年の年末にチェコ・プラハを訪れ、チェコの通貨:コルナの手持ちがなく、なくなくユーロを使ったことを思い出しました。

今回は、プラハ市街でユーロは使えるかについて、書いてみようと思います。

チェコの通貨はコルナ

まず、冒頭にも書きましたが、チェコの通貨はユーロではありません。

チェコ・コルナ(通称:コルナ)がチェコの通貨です。

チェコとしては、ユーロ導入を切望していると思いますが、現時点(2020年)時点では、未導入です。

ヨーロッパのお金イコール、ユーロではないので注意しましょう。

プラハでユーロは一部使えます

では、プラハでユーロが使えないかというと、一部では使えました。

具体的には、

・観光地での入場料

です。

その他の場所では、試していません。

私は、聖ヴィート大聖堂の展望台へ登る際の入場料で手持ちのコルナがなく、ユーロで支払いました。

コルナがなくても、プラハではクレジットカードを使える場面が多いので、そこまで現金としてユーロが使えるかどうかが重要ではない気もします。

しかし余談ですが、公共交通機関の切符購入機では、コルナ(コインのみ)しか使えなかったので、そこは注意が必要です。

プラハでユーロを使う場合の注意点

では、プラハでユーロを使う場合に問題となるようなことがないか、触れておきます。

換算レートが不利に働く可能性が高い

まずは、コルナからユーロへ変換してもらう際に、換算レートが私達に不利になる可能性があります。

相手もビジネスですし、市中レートで換算してもらえるとは考えられません。

それを十分に理解した上で、ユーロで支払い必要があります。

お釣りはコルナで受け取る

次に、お釣りがある場合に、ユーロで支払ったからといって、ユーロでお釣りを返してくれません。

これも換算されたコルナが返ってきます。

私も入場料のお釣りをコルナで受け取りました。

以上が、「プラハでユーロは使えるのか?」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/