1月1日のプラハ城の様子と観光の注意点

2020年1月1日。

チェコ・プラハに滞在していました。

カウントダウンも旧市街広場で満喫できました。

さて、年末年始のヨーロッパは営業時間を短縮したり、そもそもクローズしている店があったりと気をつけたほうがいいような情報がネットに溢れています。

今回は、1月1日にプラハのメインスポットであるプラハ城へ行ったので、そのときの様子を紹介します。

プラハ城は通常営業

まず1月1日、プラハ城(敷地内)の大事な営業時間です。

6:00~22:00

これは、通常営業と同じでした。

しかし、敷地内の各施設は、別途営業時間が設定されています。

以下を参照してください。

https://www.hrad.cz/jp/prague-castle-for-visitors/opening-hours

聖ヴィート大聖堂には注意

内覧時間は礼拝のため短縮

注意して欲しいのは、聖ヴィート大聖堂の内部に入りたい場合です。

まず、聖ヴィート大聖堂の内覧は、

12:30~16:00(入場は15:40まで)

でした。

注意しましょう。

当日は、2020年1月1日(水曜日)でしたが、通常の日曜日(12:00~17:00)よりも短い内覧時間になっていました。

チケット売り場にもこのような注意書きが貼られていました。

1月1日は、礼拝により聖ヴィート大聖堂の内覧時間は短く設定されているようです。

聖ヴィート大聖堂の礼拝入り口にもこのような表示がありました。

入場にも行列

内覧時間の短縮に加えて、入場のための長い行列もできていました。

内覧開始後も、ゆうに200mは並んでいました。

写真がなくて申し訳ないです。

もし、1月1日に聖ヴィート大聖堂へ行こうと考えている人は、内覧時間の短縮と並んでいる待ち時間を考えて、時間にゆとりを持って行動しましょう。

以上が、「1月1日のプラハ城の様子と観光の注意点」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/