香港国際空港からマカオへ直接向かう場合のフェリーの利用について

Pocket
LINEで送る

マカオを訪れる場合、マカオにも国際空港がありますが、
日本発着の便数の関係で、香港国際空港を利用する人が多いと思います。

私も同様に香港国際空港からマカオの外港フェリーターミナルまでフェリーにて入境したので、
今回は、「香港国際空港からマカオへ直接向かう場合のフェリーの利用について」紹介します。

降機してからは香港に入境せずに、フェリー乗り継ぎ

 

まず、マカオの外港フェリーターミナルへ向かうフェリーに乗る場合、香港で入境手続き(イミグレーション)は不要です。

なので、飛行機を降機したら、案内に従って進んでください。

「Macau Ferries」にしたがって進む。

「Macau Ferries」にしたがって進む。

頻繁に案内があるが、上の案内板を見落とさないように。

 

フェリー会社のチケットカウンターでフェリーチケットを購入する

 

香港国際空港内の案内板に従って進んでいると、カウンターが並ぶエリアに到着します。

そこが、フェリー会社のチケットカウンターなので、マカオ(澳門)までのフェリーチケットを購入しましょう。

ここでは、深圳などの中国本土行きの便もあるので、行き先を間違わないようにします。

なお、香港国際空港からマカオ行きは「TURBO JET」という会社のみが運行しているので、まずはその会社のカウンターを探すのが手っ取り早いと思います。

料金は、254HK$(エコノミークラス)、便数は1日4本です。

※支払いにクレジットカードが使えます。(会社は未確認ですが、VISA、MASTERだと問題ないかと)
※オンライン予約も下記公式サイトで可能です。
※スーパークラスという上位シートもあります。
※飛行機同様に荷物のデポジットが可能です。(チケットカウンターにて)

詳細は、下記公式サイトを参照してください。
https://www.turbojet.com.hk/jp/routing-sailing-schedule/hk-airport-macau/sailing-schedule-fares.aspx

マカオ(澳門)行きのチケットカウンター入口

私が乗ったのは、17:00発の便。マカオまでの所要時間は約70分。

 

出発まで

 

チケット購入後は、飛行機同様に搭乗口付近で待機するか空港内を散策します。

搭乗口付近は、免税店やセブンイレブンもあるので時間しのぎには困らないと思います。

チケットか案内板を確認して、搭乗するフェリーのBerthの近くにいましょう。

出発時間近くになると、乗客が手続きを開始し始めるので、それに合わせて乗船します。

あとは、マカオまで約70分の船旅を満喫してください。(窓側だったらいいですね)

マカオ到着後は、通常どおり入境手続きをすればOKです。

フェリー内の様子。きれいでゆったりできます。

以上が、「香港国際空港からマカオへ直接向かう場合のフェリーの利用について」です。

是非、参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© 2017 How To Journey.com. WP Castle Theme by Just Free Themes