髪のゴワゴワの理由は?海外のシャワー事情

旅行術
Pocket
LINEで送る

日本に独特な生活習慣があるように、世界各地にはそれぞれの生活習慣が存在します。

海外旅行に行くと、漏れなくその生活習慣を感じることができるのですが、日本とのギャップに驚くことも多いのではないでしょうか。

今回は、その中でもシャワーにまつわる豆知識を紹介したいと思います。

 

浴室にバスタブがないは常識

 

まず、海外に行き慣れていない人にとっては、このバスタブがないことに驚くかもしれません。旅先で疲れて、ゆっくり湯船につかりたいと思うのは、日本人なら至極当然のように思います。

しかし、世界的にみて湯船につかる習慣はもつ人々は稀有で、ほとんどの旅行先では、バスルームにバスタブがないと考えておくことが妥当です。

もし、必要だという人は、ネットで宿を予約するときにバスタブが設置されているか確認することをおすすめします。

(ツアーなどの場合は、旅行会社に相談します。)

海外のバスルームは、バスタブがない前提で宿泊を。

 

髪の毛が荒れるのは、水の影響

 

ここからが、この記事の主要テーマです。

海外旅行に行くと、髪がカチカチに傷み出しませんか?

私は男性で比較的短髪の部類ですが、その私ですら、旅行中に朝起きると髪の毛がカチカチに傷んでいるのは気になります。

理由は、ホテルなどに備えつけのシャンプーなどのアメニティの質が悪いからと考えている人が多いですが、実際にはシャワーから流れる水が関係しています。

よくミネラルウォーターで軟水や硬水と聞きませんか?

普段、何気なく使っている水道水でも、ミネラル分は地域によって様々で、日本のようにミネラル分の少ない、いわゆる軟水が出ている国もあれば、ミネラル分の多い硬水に近い国もあります。

結論からすると、ミネラル分が多い硬水に近い水が出てくる地域では、髪が傷みやすいとされています。

ガイドブックやインターネットで滞在地域の水質を知ることができますが、石鹸やシャンプーが泡立ちにくい(硬水にアメニティの成分が溶けないため)というのが、目で確認できる特徴です。

蛇口から硬水が出るヨーロッパで、人々が髪を洗う頻度が少ないと言われるのは、こういった一因もあるようです。

私は、旅行中の話なので、早々にあきらめました(笑)が、

対策としては、硬水専用シャンプーを使用するといいようです。

以上が、「シャワーの水も気をつけたい!海外のシャワー事情」です。

参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
先進国で日本だけでは?税関検査の非常識

海外旅行につきものと言えば、移動のためのフライトです。 フライトとなると、空港、出入国手続、税関検査 …

ウズベキスタン
旅行者のためのサマルカンドの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。 いくら英語が世界的言語といえども、世界 …

旅行術
帰国の際に気を付けたい日本に持ち込めない物の豆知識

国内・海外に限らず、旅行につきものは「お土産」です。 旅行した地域のものを、持って帰って友人や家族に …