【高岡市内移動の1日フリーきっぷ】「高岡ワイドフリーきっぷ」の解説

【高岡市内移動の1日フリーきっぷ】「高岡ワイドフリーきっぷ」の解説

富山県第二の都市・高岡市は、

北は富山湾に面していることで、雨晴海岸のような郊外の見どころが多いです。

郊外ということで、移動に時間とお金がいりますが、

現地で利用した「高岡ワイドフリーきっぷ」がお得でした。

今回は、高岡ワイドフリーきっぷを使って高岡観光をしてきたので、

その内容についてまとめます。

高岡ワイドフリーきっぷの概要

概要

高岡ワイドフリーきっぷは、

高岡市内の路線バスと路面電車が1日乗り放題となる切符です。

路線バス(加越能バス):新高岡駅~雨晴バス停

路面電車(万葉線):高岡駅電停~吉久電停

が対象区間です。

JR線は対象外です。

対象区間には、

瑞龍寺、高岡大仏、古城公園(射水神社)、高岡御車山会館、金屋町、雨晴海岸、氣多神社

が入っています。

これを使えば、高岡の主要観光スポットはほとんど網羅できます。

高岡市郊外の雨晴や伏木を除く高岡市街地に特化したきっぷ

高岡まちなか乗り放題1日フリーきっぷ」も発売されています。

購入場所

購入できる場所は、

・高岡駅観光案内所

・新高岡駅観光交流センター

の2ヶ所です。

北陸新幹線は、新高岡駅に停車し、

高岡駅には停車しないので注意しましょう。

私がフリーきっぷを購入したのは、高岡駅観光案内所です。

高岡駅観光案内所の横には、コインロッカーもありました。

料金

料金は、800円でした。

現金で支払いました。

(クレジットカードは使えないとのことでした。)

窓口で、「高岡ワイドフリーきっぷ」を購入したい旨を伝えれば、購入できます。

利用方法

利用方法は、発行されたきっぷを降車時に運転手に提示します。

それだけです。

観光中に紛失しないようにしましょう。

高岡ワイドフリーきっぷの利用例

以下が、私がこのフリーきっぷを実際に使った履歴です。

区間目的地運賃高岡ワイドフリーきっぷ
高岡駅-木舟町高岡御車山会館160円
木舟町-高岡駅高岡御車山会館160円
高岡駅-瑞龍寺口瑞龍寺160円
瑞龍寺口-高岡駅瑞龍寺160円
岩崎-高岡駅雨晴海岸240円
合計880円800円

私の場合、半日観光だったので、

最低限まわりたかったスポットに行きました。

雨晴海岸へはJR氷見線(※フリーきっぷ対象外)を使ってアクセスしています。

高岡観光に1日時間がとれる人であれば、よりお得度は増します。

高岡のホテル選びは、高岡駅前と日帰りの選択肢

高岡での宿泊を考えている場合は、

良くも悪くも高岡駅前しか選択肢がないです。

しかし、高岡は富山市や金沢とも近いです。

よって、日帰りも検討しましょう。

以上が「【高岡市内移動の1日フリーきっぷ】「高岡ワイドフリーきっぷ」の解説」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/