高野山へは和歌山より大阪から向かうことをおすすめする3つの理由

高野山へは和歌山より大阪から向かうことをおすすめする3つの理由

高野山を初めて訪れました。

ルートは、なんば駅(大阪)から高野山に入り、

高野山観光後に和歌山駅に移動しました。

(ここでは、行きを「大阪ルート」、帰りを「和歌山ルート」とします。)

高野山へアクセスする2つのルートを使ったうえで、

大阪ルートを使うほうが良いと実感したので、その内容をまとめます。

公共交通機関を使って高野山を訪れるルート

公共交通機関を使って高野山を訪れる場合、

すでに紹介している大阪ルートと和歌山ルートのいずれかを選択することになります。

和歌山県のJR橋本駅からは、どちらも同じルートで高野山駅に到着します。

大阪ルート

なんば駅を始点に南海電鉄が高野線を運行しています。

なんば駅から高野山を直接結ぶ特急こうやや、

橋本駅と極楽橋を結ぶ観光列車・天空を運行しており、

移動手段としてだけでなく、観光色が豊かです。

特急こうやを使えば、なんば駅から約1時間半で高野山駅へアクセスが可能です。

和歌山ルート

JR和歌山駅から橋本駅までは、JR和歌山線でアクセスします。

橋本駅まで乗り継ぎはありません。

朝の通勤通学の時間帯に快速電車が設定されていますが、

日中は全て各駅停車です。

和歌山駅から高野山駅までは、約2時間です。

大阪ルートをおすすめする3つの理由

ほとんどの人が大阪ルートを利用すると思うので釈迦に説法ですが、

私が大阪ルートをおすすめする理由は、3つです。

理由①:移動時間が短い

すでに触れていますが、

南海電鉄の特急こうやを使えば、

高野山駅まで1時間半でアクセスできます。

急行などの選択肢もあり、移動の選択肢が広いです。

大阪の中心から高野山まで1時間半で移動できるのは、

とてもメリットが大きいです。

理由②:JR和歌山線の橋本駅での乗り継ぎが鬼門

高野山からの帰りにJR和歌山線を利用しましたが、

橋本駅での乗り継ぎが鬼門でした。

理由は、日中は和歌山方面行きは1時間に1本しかありません。

高野山から橋本駅に到着する時刻によっては、30分以上待ちます。

計画的に移動できる人は問題ないですが、

私のように気まぐれな人は、橋本駅で辛い思いをする可能性があります。

理由③:特急(特別車両)や観光列車の選択肢がある

これもすでに触れましたが、

南海電鉄では、高野線で特急と観光列車が運行しています。

旅行中の移動手段で、特別車両に乗ることも一つの思い出になるので、

このような選択肢があるのは嬉しいです。

個人的には、特急こうやに合わせて移動するのが良いと思います。

2月~5月は高野山や熊野観光をおすすめしない理由

高野山は、通年で訪れることができるスポットです。

標高が高い立地ですが、冬がNGということはありません。

むしろ、私が訪れた感覚だと、

2月~5月の春先がダメな人が多いと思います。

理由は、スギ花粉です。

杉並木が幻想的な高野山の街並みや奥の院は、

花粉症持ちの人にとっては、地獄でしかないでしょう。

以上が、「高野山へは和歌山より大阪から向かうことをおすすめする3つの理由」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/