2月~5月は高野山や熊野観光をおすすめしない理由

2月~5月は高野山や熊野観光をおすすめしない理由

12月に高野山と熊野三山を初めて訪れました。

どちらのエリアも「紀伊山地の霊場と参詣道」として

世界遺産に登録されており、

歴史的な背景だけでなく、道中の自然も含めて壮観でした。

しかし、その中で、

「これ、2月から5月の間で訪れたら、地獄やろな。」と心の中で何度もつぶやきました。

そう考えた理由を書いておきます。

おそらく、これを読んでおられる人の中で、当てはまる人がいると思います。

スギ、ヒノキ天国の高野山、熊野三山

まず結論から言うと、

花粉症をお持ちの方は、

2月~5月に高野山や熊野三山を訪れるのはやめましょう。

理由は、スギ、ヒノキ花粉が飛散するシーズンだからです。

近畿の紀伊山地は、林業が盛んで、

人工林ですが杉(スギ)や桧(ヒノキ)が植生の大部分を占めます。

あの高野山、熊野の雄大な自然の大部分は、スギやヒノキです。

その立派に育ったスギやヒノキのおかげで、

熊野古道は、独特で幻想的な参詣道を維持しています。

しかし、そんなスギやヒノキに囲まれた幻想的な道を歩くのも、

花粉症持ちの人にとっては地獄でしかないでしょう。

実際、私は花粉症持ちではないですが、

旅行中、随所で「花粉症の人にとっては、地獄やろな」と思っていました。

そのような人にとっては、

そもそも高野山や熊野のようなエリアは旅行の選択肢に入らないのかもしれませんが、

もし、どうしても訪れたい場合は、時期をずらしましょう。

高野山、熊野観光は夏か冬がおすすめ

花粉症という観点からすると、

高野山や熊野三山を訪れるのに良いシーズンは、夏(6~9月)か冬(12~1月)です。

近年、スギ花粉の飛散が10~11月に観測されるケースもあり、

その時期も外したほうが賢明です。

高野山や熊野は標高の高い所に位置するため、

冬はローシーズンという思っている人がいますが、

私が訪れた感じではそんな印象は受けませんでした。

冬でも問題なく観光できます。

むしろ和歌山県には、

熊野を含め各所に温泉があるので、冬のシーズンは良い時期だと思います。

以上が、「2月~5月は高野山や熊野観光をおすすめしない理由」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/