旅行者のためのアルマティの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。

いくら英語が世界的言語といえども、世界の津々浦々まで浸透しているわけもなく、現地の生の言語事情は旅行者にとって重要なファクターです。

今回は、「旅行者のためのアルマティの街カド言語事情」を紹介します。

 

総論

 

カザフスタンは、約6割がカザフ人です。そのためカザフ語が公用語です。

しかし、この国は旧ソ連です。そのため、ビジネスではロシア語が使われることが多いです。

私が旅した全体的な印象としては、英語はほとんど使えませんでした。あとで紹介しますがホテルぐらいです。

街の表記もカザフ語?なのかロシア語?なのかわからないキリル文字ばっかりなので、旅していて辛いですね。

 

ホテル

 

ホテルやゲストハウスは英語が使えます。

私が泊まるのが安宿なので、そんなに親切に案内されることもないです。

英語が使えるという点で、旅の情報収集をするならホテルがおすすめです。

 

レストラン

 

現地でカザフ料理を出しているレストランでは、英語は通じないです。いわゆる大衆レストランは、英語は期待できないと考えてください。

私は滞在中、イタリアンを食べる機会があったのですが、そこでは英語のメニューがあったので、それを指差しで注文していました。

現地には英語表記のメニューがないレストランもあるので、注意が必要です。(キリル文字のみのメニューは絶望しかないです。笑)

 

こういうときにマクドナルドなどの世界チェーンは強いですね。

 

公共交通機関

 

私は、路線バスを利用していました。

2GISというオフラインで使える便利なアプリがあったので、それを駆使して。

そのバスの利用方法は下記です。

 

乗り方さえ覚えれば、快適でしたよ。

渋滞もなくて。

 

タクシー

 

結局、空港タクシーのみの利用になりました。

事前確定制だったので、特に料金交渉もなく車内では簡単な英単語の会話でした。

 

街中のタクシーを利用する場合は、メーター制ではなく、事前に交渉する必要があります。数字をスマホや手で示しつつ交渉するといいでしょう。

 

買い物・ショッピング

 

スーパーマーケットなどでの買い物も基本は数字でやりとりするだけなので、英語を使ってコミュニケーションをとることが少ないように思います。

その他の場所でも、英語の通用度は限定的です。

 

以上が、「旅行者のためのアルマティの街カド言語事情」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/