海外渡航前は、PINコードを確認しておく

海外旅に行くにあたって、クレジットカードは必須の持ち物になっています。

しかし、海外で日本と同じように使えるか不安もあるでしょう。

 

今回は、海外でクレジットカードを使うにあたってのアドバイスとして、

「海外渡航前は、PINコードを確認しておく」について紹介します。

 

キャッシングの際のATM利用で必要

このサイトでは、現地通貨は両替ではなく、現地のATMでキャッシングすることをおすすめしています。

換算レートもそこまで悪くなく、市中の両替商よりいいレートであることも珍しくありません。

 

現地のATMを使う際に必要なのが、PINコードです。

カードを入れると、まずPINコードを入れるように要求されます。

万が一思い出せないと、滞在中の資金繰りが手持ちの現金とカード決済だけという不便な状況に陥りかねないので、海外渡航前はPINコードの確認するようにしましょう。

このキャッシングにおけるATMの利用が、PINコードを最も必要とする場面です。

 

少額決済はPINコードのみがスムーズ

日本でも増えてきましたが、スーパーやミニマートなどでクレジットカード決済が多いのが海外です。

日本よりはるかに多いです。

 

ガム1個をクレジットカードで買うような人もいますし、店側は現金を出されると、あからさまに嫌がったりします。

このような場合は、PINコードを入力してスムーズに決済します。

 

レストランでもPINコードでサイン不要

同様にレストランでも、現金会計はまずありません。

基本は、クレジットカードです。

 

日本のように、一旦クレジットカードを持ち去られて、スキミングのリスクを負うこともなく、カードリーダーをテーブルまで持ってきてくれて、PINコードを入力して決済終了です。

サインでもいいと思いますが、時間や手間を考えるとPINコードの方が圧倒的に便利だと思うので、確認しておいて損はありません。

 

以上が、「海外渡航前は、PINコードを確認しておく」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/