旅慣れた人はやっている!ホテルのフロントでまずやること!

滞在先のホテルに着くとやるべきことは、当たり前ですがフロントでのチェックインです。
しかし旅慣れた人は、それと同時にあることをやっています。

 

ホテルでアドレスカードを入手しよう

ここでおすすめするのは、ホテルのアドレスカードを入手することです。

どのホテルにもフロントのカウンターの脇に、カードが置かれているはずです。あれです、あれ。

このアドレスカードは国内外問わず、旅先で使えます。

そのメリットを、これから説明します。

 

アドレスカードを持っているメリットとは

アドレスカードを入手することはわかったけれども、どういうメリットがあるか分からない人も多いと思います。

私は、以下の場面で使っています。
・道に迷ったとき
・タクシーでホテルに帰るとき

アドレスカードの最大のメリットは、言わずもがなホテルの住所が載っていることです。

ホテルによっては、裏側に地図がプリントされていて非常にわかりやすいものも多いです。

ホテルへ戻る道順がわからなくなったら、このアドレスカードを出して、道行く人に行けば、解決する可能性も高まるでしょう。

そして、個人的に最も効果があると思うのは、後者です。

海外旅に出ると感じるのは、英語圏を除いて英語を使える範囲は限定的だということです。

特に、急いでホテルに戻りたいときに、タクシードライバーに英語でホテル名を伝えても、理解してもらえない。なんてことはよくあります。

そういう地域では、アドレスカードも英語と現地語が併記されているものが多いので、英語は通じなくても、ビジネスカードに書いてある現地語の住所やホテル名をドライバーに見せると、納得して連れて行ってもらえます。

私の場合は、仕事でバンコクに住んでいる期間がありましたが、独身でどこに行くにもタクシーを使っていたので、ゴルフの練習場やマッサージ、飲食店などタイ語標記のスクリーンショットを準備してタクシードライバーに見せて向かっていました。

アドレスカードを入手しておくという些細なことですが、それだけでも旅のストレスは減りますし、時間もかからずスムーズに旅を進めることが可能なのでおすすめです。

以上、私が旅先のホテルのフロントで必ずやっていることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/