世界に2カ国だけ!二重内陸国って知ってますか?

二重内陸国とは

島国の日本で暮らしていると、海がすぐそばにあるのでそれが自然なことと思ってしまいます。

しかし、世界を見渡すとそんなことはありません。

大陸に存在している国がほとんどで、日本とは全く違った環境で人々が生活しています。

その中で、特異なのが「二重内陸国」です。

今回は、この二重内陸国にフォーカスを当ててみたいと思います。

二重内陸国とは?

「二重内陸国」とは、国境を最低二回通過しなければ海に到達しない国のことを指します。

つまり、自国が内陸国というだけでなく、国境を接する隣国も内陸国という世界でも特異な場所に位置する国々のことです。

とてつもなく海が遠く感じますね。

そのため二重内陸国は、世界で二カ国のみです。

その二カ国とは、リヒテンシュタインウズベキスタンです。

はい、どちらも日本人にとっては、馴染みがない国ですね。

ウズベキスタン

ウズベキスタンは、ユーラシア大陸の中央アジアに位置する国です。

旧ソビエト連邦の国です。

隣国は、トルクメニスタン、カザフスタン、タジキスタン、キルギスともちろん内陸国です。

「地図を見ると、カスピ海という海があるじゃないか!」と言われそうですが、カスピ海は世界最大の湖です。

私は、ウズベキスタンに訪問歴があります。

首都のタシケント、世界遺産があるサマルカンド、ブハラと旅しました。

ウズベキスタン

二重内陸国ということで、空気はすごく乾燥しています。

加えて食に魚は一切ありません。(あっても高い)

羊肉がメインで、内陸国特有の食文化でした。

ラグマン マンティ

リヒテンシュタイン

もう一カ国が、リヒテンシュタインです。

リヒテンシュタインは、ヨーロッパにある小さな国です。

世界で6番目に小さな国ということで、私たちに馴染みがないのも当然かもしれません。

隣国は、スイスとオーストリアです。

繰り返しますが、スイスとオーストリアも海に接していない内陸国になります。

リヒテンシュタインは、訪問歴がないので訪れたい国の一つです。

以上が、「世界に2カ国だけ!二重内陸国って知ってますか?」です。

世界中に海に接していない内陸国はたくさんありますが、二重内陸国は二カ国だけです。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/