どう読む?ウィーンの発音を現地で試してみました

オーストリアの首都・ウィーンを英語で言うとどう発音するかご存知ですか?

 

正解は、Vienna(ヴィエナ)です。

日本語の発音と全く違うことがわかります。

また、インターネットで「ウィーン」と検索すると、様々スペルと言語で表示されます。

そう、ウィーンは表記と発音がたくさんあるんです。

では、現地はどのような発音が望ましいのでしょうか?

先日、ウィーンに旅行したので、現地で試してみました。

ウィーンの町並み

結論は、全部通じます。

実際にウィーンの現地で一通り試してみましたが、全て通じました。

試した言語は、

ドイツ語:Wien(ヴィーン)

オーストリア語:Wean(ヴェアン)

フランス語:Vienne(ヴィエンヌ)

英語:Vienna(ヴィエナ)

です。

これに加えて、がっつり日本語でWien(ウィーン)と発音してみましたが、これも通じました。

ウィーンの発音に関しては、あまり神経質にならないでいい問題のようです。

少なくとも伝えることが目的の場合は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/