ウィーンからプラハまで列車で向かう方法

ウィーンからプラハまで列車で向かう方法

2019年の年末から2020年の年始にかけて、中央ヨーロッパを周遊していました。

個人旅行なので、移動はバスや列車などの公共交通機関でした。

今回は、オーストリアのウィーンからチェコのプラハまで列車で移動したので、その様子を紹介します。

チケットの予約方法

まずは、チケットの購入方法です。

日本で予約していました。

予約するサイトは、Omioです。以下を参照してください。

予約完了までを日本語でできるので安心です。

出発はウィーン中央駅

出発は、ウィーン中央駅でした。

ウィーン市内の長距離列車は、

このウィーン中央駅かウィーン西駅から発着しています。

非常に綺麗で、テンションが上がりますね。

前日にブダペストからウィーンに移動したのですが、

席指定が不要だということを学んでいたので、

そのまま乗る列車を見つけて、空いている適当な座席に座りました。

ウィーン~プラハ搭乗記

ウィーンからプラハまでは、約4時間です。

結構長いですね。

しかも直通ではなく、チェコ国境の街・Breclav(ブルジェツラフ)駅で乗り換えでした。

席は、エコノミーの席であれば自由席です。

私も適当に座っていたのですが、

チケットを確認する駅員さんに注意されることはなかったです。

席に充電用コンセントやゴミ箱があります。

1時間後のBreclav(ブルジェツラフ)での乗り換えも、

下車してホームに降りると、対面にプラハ行きの列車が停まっていました。

そのため、不安だった乗り換えもスムーズでした。

ブルジェツラフからプラハまでは3時間です。

この列車はブダペストから来たようで、

自分が訪れたことのある都市に関係すると、なんか嬉しくなりました。

到着です。

海外旅行でのトラブルは未然に回避しよう

海外に渡航する前の情報収集は、非常に有効です。

特に、現地でのトラブルは自分に応用できることが多いです。

これらは、知っていれば防げるケースが多く、

トラブルで海外旅行が悪い思い出になるのは、もったいないです。

私が海外旅行でのトラブルを防ぐにあたって、

気をつけていることをまとめているので、参考にしてもらえればと思います。

私が旅先で見かける日本人は、これらがほとんど出来てません。

渡航前の準備

現地行動の心構え

以上が、「ウィーンからプラハまで列車で向かう方法」です。

参考にしてみてください。

プラハ旅行のお役立ち情報まとめ

チェコのプラハを訪れたときの情報をまとめています。

実際に訪れたときに得た雑学や失敗談、経験が基になっています。

プラハを旅行される人の参考になると思います。

特に、年越しをプラハで過ごしています。

とても素晴らしい旅行でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/