2021年3月某日の福岡空港国際線の様子

以前、2021年2月某日の福岡空港国際線の様子をお届けしました。

新型コロナ流行前の活況した福岡空港国際線を知るものとしては、非常にショッキングな光景でした。

1ヶ月も経っていませんが、また福岡空港国際線に行ってきたので、前回写真を撮れなかった部分を紹介します。

印象としては、1ヶ月余りの間隔ですが、2月に比べると閑散とした様子は微妙に改善していました。

(それでも相当、閑散としていますが)

駐車場

前回は、駐車場の敷地外から写真を撮影していましたが、今回は敷地内です。

今回も、出口(精算機付近)近くを悠々と確保できました。

空港建物に近いサイドには、ズラッと車が並んでいますが、その次のブロックからはガラガラです。

新型コロナ流行前では考えられなかった光景です。

2F:到着フロア

前回の2月に訪れたときには気づきませんでしたが、1階到着フロアの一部がスケルトンになっていました。

ここ、何が入ってましたかね?

3F:出発フロア

この日は、シンガポール航空の福岡到着&出発のみが運行していました。

相変わらずの寂しさです。

4F:レストラン

最後に4F:レストランです。

4Fのレストランエリアは前回、写真を撮り忘れていた場所です。

前回も全クローズでしたが、今回も引き続き全クローズでした。

福岡空港国際線で飲食物を買おうと思うと、1Fのセブンイレブンか自販機しか選択肢がありません。

以上が、「2021年3月某日の福岡空港国際線の様子」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/