初めて海外に行くときのおすすめエリアは、アジア!

かなり前に初めて海外に行くなら、台湾がおすすめだと書きました。

このときは2019年に書いたことですが、今でもその考えは変わっていません。

初海外でまだ行き先を迷っているのであれば、台湾に行くことをおすすめします。

では、エリアではどうでしょうか?その点について書いていこうと思います。

アジアに行こう

まず、大前提として行きたいところに行きましょう。

いきなり話の骨を折るような話で申し訳ないですが、すでにお目当ての場所があるのであれば、そこに行くべきです。

しかし、とりあえず海外に行ってみたいという感じであれば、アジアのいずれかの国に行くことを勧めます。

アジアといっても広く、インドや中東もアジアです。

私が言うこの場合のアジアは、東アジア、東南アジアを指しています。

東アジアといえば、中国、韓国、台湾。

東南アジアといえば、タイ、シンガポール、ベトナムあたりがイメージしやすいかと思います。

近い・安い

すすめるべき最も大きい理由は、距離的に近く、物価も日本の感覚からすると安いからです。

まず距離が近いということは、フライト代が抑えられます。

フライト代の旅行代金に占める割合は最も高いので、ここが安く抑えられると大きいです。

もちろん物価はシンガポールなど日本以上に高い場所はいくつかあります。

しかし、現時点では安いエリアがほとんどです。

経済が伸びているエリアで活気を感じよう

次にすすめる理由は、経済が伸びているエリアに行こうということです。

アジアには、毎年二桁成長をしている国がたくさんあります。

そういった国に行って、街や人の活気を感じましょう。

きっと日本との違いに気づくはずです。

また、これらの国は人口ピラミッドで見ても若年層が多く、それも活気を感じる一つの要因になっています。

満員電車に高齢者の多い日本とは全く違います。

私自身も何度もこのエリアへ旅行していますが、街の活気はいつも日本との違いを感じています。

クセはあるが食に困らない

今、アジアのご飯が注目を集めています。

タピオカはブームが過ぎましたが、

・台湾屋台の定番『​魯肉飯』

・タイの『ガパオライス』

・ベトナムの『生春巻き』

・スパイス系のカレー(グリーン、マッサマン)

などまだまだ人気があります。

アジアの食事は、香草などが使われていて、たしかにクセがあります。

しかし、お米を主食としているエリアなので、日本人に馴染みやすい食事も多いです。

また、日本人も多く住んでいることから、最悪、現地の日本食にありつくことができるでしょう。

(少々高いですが)

食も旅行の一つの楽しみなので、こういった料理に抵抗がない人は特におすすめです。

以上が、「初めて海外に行くときのおすすめエリア」です。

キラキラした欧米もいいですが、自分は雑多な感じのほうが性に合っているのでアジアが好きです。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/