[利用例あり]阿蘇で使える交通フリーパス「わくわく1dayパス(県内版)」を解説

阿蘇で使える交通フリーパス「わくわく1dayパス(県内版)」を解説

熊本県郊外の観光地といえば、阿蘇が人気No.1でしょう。

雄大な自然と周辺には温泉地が複数存在し、一大観光地です。

しかし、阿蘇といっても広大で公共交通機関で移動する場合は、

移動に時間がかかりますし、移動費も馬鹿になりません。

今回は、阿蘇で使える交通フリーパス「わくわく1dayパス(県内版)」を使ったので、

その内容をまとめます。

わくわく1dayパス(県内版)の概要

概要

熊本県には、適用エリアによって路線バス、市電、電鉄が乗り放題になるプランが用意されています。

わくわく1dayパスといい、

阿蘇を旅行する場合は、2,000円の県内版を使います。

1日2,000円のフリーパスと考えると少し高いように思いますが、

阿蘇は広いので、移動費が馬鹿になりません。

どうなるかわからなかったので、今回はわくわく1dayパス(県内版)を買ってみました。

なお、熊本市中心部(700円)、熊本市内(900円)のわくわく1dayパスも発売されています。

熊本市内観光の際は、選択肢にいれておくとよいでしょう。

購入場所

購入場所は、産交バスの営業所など多岐にわたります。

私は、熊本桜町バスターミナルのバス案内所で購入しました。

熊本県のバス網の中心です。

熊本市内から阿蘇方面に向かう高速バスでは使えないので、

わくわく1dayパスを使うのは、阿蘇駅に到着してからでした。

料金

料金は、2,000円です。

クレジットカードでの支払いはできませんでした。

利用方法

スクラッチ式で、使う日をコイン(小銭)で削ります。

降車時にパスを運転手に提示します。

観光中に紛失しないようにしましょう。

わくわく1dayパス(県内版)の利用例

以下が、私がわくわく1dayパス(県内版)を使ったときの履歴です。

阿蘇観光を終えて、熊本市内に戻ってからも路面電車で利用したので、

結果としてお得でした。

しかし、阿蘇山周辺ともう1ヶ所を回る程度では、もとをとるのがやっとです。

内牧温泉や乙姫温泉に滞在している人は、

阿蘇駅方面への行き帰りがあるので、オトクになる可能性が高いです。

区間公共交通機関目的地運賃わくわく1dayパス
(県内版)
阿蘇駅-阿蘇神社前阿蘇市路線バス阿蘇神社300円
栄通り-阿蘇駅阿蘇市路線バス阿蘇駅300円
阿蘇駅-阿蘇山上ターミナル阿蘇火口線バス阿蘇山火口650円
阿蘇山上ターミナル-草千里ヶ浜阿蘇火口線バス草千里ヶ浜180円
草千里ヶ浜-阿蘇駅阿蘇火口線バス阿蘇駅570円
熊本駅-花畑町熊本市電ホテル170円
合計2,170円2,000円

以上が、「阿蘇で使える交通フリーパス「わくわく1dayパス(県内版)」を解説」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/