旅行者のためのチョルポンアタの街カド言語事情

Pocket
LINEで送る

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。

いくら英語が世界的言語といえども、世界の津々浦々まで浸透しているわけもなく、現地の生の言語事情は旅行者にとって重要なファクターです。

今回は、「旅行者のためのチョルポンアタの街カド言語事情」を紹介します。

 

総論

 

キルギスの総人口、約5百万人のほとんどがキルギス人(約70%)で構成されています。

それに続くようにウズベク人、ロシア人で、合計約9割に達します。

そのため、主要言語はキルギス語で、その次にウズベク語、ロシア語が話されています。

英語は、一般的ではないという認識が必要です。

さらにチョルポンアタは、キルギスの中でも外国人が来る避暑地ですが、首都のビシュケクなどに比べると英語の通用率は低いです。

 

ホテル

 

チョルポンアタでは、宿泊施設はゲストハウスが一般的です。

受付では、英語が話せるスタッフがいるので、そこを拠り所にしてください。

ほとんどが英語が使えないチョルポンアタにおいて、ゲストハウスの受付はオアシスのような存在です。おすすめのレストランなどいろいろ情報を得るといいと思います。

 

レストラン

 

スタッフと英語でコミュニケーションをとることは難しいです。

また、英語のメニューを持っているレストランも少数なので、食事もいろいろと手間がかかります。

ロシア語の指差し会話帳か、知っているキルギス料理を口頭で伝えるだけしか方法がない場合もあり得ます。

 

公共交通機関

 

チョルポンアタの公共交通機関となると、ミニバスになります。

英語だけのコミュニケーションだと難しいです。

行先をキルギス語で準備したりと、工夫が必要です。

難易度はタクシーよりも高めです。

 

タクシー

 

ドライバーに英語は通じません。

タクシーを利用する場合は、行先のキルギス語表記を準備してください。

また、メーター制のタクシーは存在しないので、出発前に値段を決めておくことを忘れないようにすることも心得の一つです。

その場合も、英語は通じないので、スマホの電卓機能などを使って値段交渉することになります。

 

買い物、ショッピング

 

再三にわたって書いているように、ショッピングにおいても英語は通じません。

私は、滞在中に必要な飲料水などの日用品は、品物をレジに持っていき、レジの電卓で金額を打ち込んでもらって、精算をしてもらっていました。

 

以上が、「旅行者のためのチョルポンアタの街カド言語事情」です。

参考にしてください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/