〈景品表示法に基づく表記〉

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

海外旅行のデータ通信にeSIMをおすすめする3つの理由

海外旅行のデータ通信にeSIMをおすすめする3つの理由

コロナパンデミック前の海外旅行のデータ通信といえば、

・Wi-fiルーターのレンタル

・現地SIMの購入および使用

が主流でした。

しかし、コロナで海外渡航が制限される年月を経て、

通信環境も変化しました。

従って、従来の方法でのデータ通信にこだわることはもはや効率的ではありません。

今回は、「海外旅行のデータ通信にeSIMをおすすめする理由」についてまとめます。

海外旅行のデータ通信にeSIMをおすすめする3つの理由

現時点で海外旅行におけるデータ通信の選択肢は、2つです。

その中でも、eSIMがとても使い勝手がいいです。

理由1:ルーターの持ち歩き不要、充電も不要

まず、レンタルWi-fiのように物理的な機器を持ち運ぶ必要がありません。

さらに、機器の充電も不要です。

海外旅行中に、充電を忘れていて、

「バッテリーが切れたら困るな」と焦った経験をお持ちの方がいるかもしれません。

eSIMを使えば、そういった懸念はなくなります。

(デバイスのバッテリーさえあれば)

理由2:旅行中に手間が不要

次に、事前にeSIMをインストールしておけば、

現地で即座に使用可能です。

到着後すぐに空港から街に出ることができます。

これまではレンタルWi-fiも現地SIMも、

旅行中に手続きや手間が発生していました。

レンタルWi-fiを受け取るために、

予定より早く空港に向かっていた人もいるでしょう。

eSIMにはそういった煩わしさがありません。

理由3:安価

eSIMは、これまでのレンタルWi-fiや現地SIMに比べてコスト面で優れている可能性が高いです。

少なくとも価格で、レンタルWi-fiを選ぶ理由はないです。

現地SIMとの比較はケースバイケースですが、

前述したメリットを考えると、総合的にeSIMが好ましいでしょう。

テザリングでグループ内でのシェアが可能

グループでの旅行の場合、テザリングでデータ通信プランを共有することができます。

つまり、レンタルWi-Fiと同じ使い方ができます。

これにより、コストを節約し、効率的に通信を利用できます。

eSIM対応端末かチェックを忘れずに

これまで述べてきたように、

eSIMはメリットがたくさんありますが、注意も必要です。

必ずご自身の端末がeSIM対応端末か確認してください。

一般的な日本のスマートフォンは、

キャリア端末でSIMロックがかかっていることがあります。

SIMロック端末は、eSIMが利用できないので、

利用したい場合はSIMロックの解除が必要です。

海外旅行における『良い節約』と『悪い節約』

日常生活に『良い節約』と『悪い節約』があるように、

私は海外旅行においても『良い節約』と『悪い節約』があると考えています。

今回のようにレンタルWi-fiや現地SIMを使うという古い常識で、

無駄な手間やコストを払っているのは、もはや節約にすらなっていません。

みなさんも『悪い節約』に走らないように注意しましょう。

以上が、「海外旅行のデータ通信にeSIMをおすすめする3つの理由」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/