原油高騰も無縁!カタール航空のひみつ

原油価格の変動は、今や生活に大きな変化をもたらします。

日常生活では、生活品が値上がりしたり、自動車のガソリン代は敏感に変動するため大きく影響します。

そして、旅好きにとっては、燃油サーチャージが問題です。

旅において、航空券が最も高額な出費になりますが、追加で燃油サーチャージを徴収されると、旅の予算へボディーブローのように効いてきます。

 

今回は、そんな燃油サーチャージに関連して「原油高騰も無縁!カタール航空のひみつ」について紹介します。

 

カタール航空とは

 

(引用元:https://www.qatarairways.com/)

カタール航空は、カタールの国営航空会社でアライアンスはワンワールドに属しています。

国際的な評価も高く、様々なアワードを受賞しています。

また、サッカーのFCバルセロナのユニフォームの胸スポンサーになったことでも有名です。

そして私は、このカタール航空がスターアライアンスに入ることを心から望んでいる一人です。

 

燃油サーチャージを徴収しない唯一のエアライン

 

カタールは、原油産出国として有名です。

原油生産量は、世界16位と高いようには感じませんが、首都のドーハはオイルマネーで潤った国の首都らしく砂漠の中に作られた街並みは近代的です。

 

また、なんといってもハマド国際空港が綺麗ですね。

ハマド国際空港は近代的な作りでとても綺麗です。
(引用元:https://dohahamadairport.com/)

 

そして特出すべきは、このカタール航空は燃油サーチャージを徴収しない唯一のエアラインとして有名です。

同じ産油国にアラブ首長国連邦(UAE)がありますが、本拠地としているエティハド航空とエミレーツ航空は、燃油サーチャージを徴収しています。

以下は、航空業界で”ガルフ3社”と呼ばれるカタール航空、エティハド航空、エミレーツ航空の日本路線の予約画面を検索した際の金額です。(出発日、到着日は同日で検索しました。)

カタール航空の成田-ドーハの予約画面。運賃内訳に「燃油サーチャージ」の記載はありません。

 

エティハド航空の成田-アブダビの予約画面。運賃内訳には、しっかりと「燃油サーチャージ」の記載あり。

 

エミレーツ航空の成田-ドバイの運賃内訳。エティハド航空と同様に「燃油サーチャージ」はしっかり徴収されます。

 

という具合に、同じ産油国でありながらエティハド航空やエミレーツ航空と異なり、カタール航空は独自の価格戦略を打ち出しています。

ちなみに、このほかにも乗り継ぎ時間によって様々なサービスを提供しています。

・乗り継ぎ5時間以上は、無料の市内観光ツアーを実施。

・乗り継ぎ8時間以上は、無償でホテルを提供。

 

ここまで、見てきただけでもカタール航空の秘密と魅力が伝わったと思います。

 

以上が、「原油高騰も無縁!カタール航空のひみつ」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/