日本の人口長期トレンド(鎌倉時代~2100年推計)

日本の少子高齢化が叫ばれてから久しいですが、日本における長期の人口トレンドを出している資料があります。

「国土の長期展望」中間とりまとめ 概要(平成23年2月21日国土審議会政策部会長期展望委員会)からの出典です。

1192年(鎌倉幕府成立):757万人

1338年(室町幕府成立):818万人

1603年(江戸幕府成立):1227万人

1716~1745年(享保の改革):3128万人

1868年(明治維新):3330万人

1945年(終戦):7199万人

2000年:12693万人

2004年(人口ピーク):12784万人

2030年:11522万人

2050年:9515万人

2100年:4771万人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/