旅先で飲料水はどうするのか?

旅先で気にしないといけない問題の一つが、水です。
特に飲料水です。

今回は、「旅先で飲料水はどうするのか?」という点について触れたいと思います。

 

結論から言うと、旅先では体調を崩す可能性が高いので、水道水は飲まずにミネラルウォーターを購入して飲みましょう。

もちろん、歯磨きでも口をゆすぐのはミネラルウォーターにした方が良いでしょう。

日本でも定着したミネラルウォーター

皆さんも普段、飲料水を購入して飲んでいる人が多いのではないでしょうか?
いわゆるミネラルウォーターってやつです。

他には、自宅に浄水器を設置してそれを飲料水としている人もいるでしょう。

少なくとも私が子供のころは、水を買って飲むという感じでもなかったので水道水を飲んでいましたが、今では日本でも飲料水は買って飲むスタイルが定着しています。

しかし今書きましたが、本来、日本の水道水は、安心して飲めるものなんです。

世界で水道水が飲める国はわずか15ヶ国

少し古いのですが、平成16年度に国土交通省から「日本の水資源」が公表され、その中に世界の水資源の状況が明記されています。
(おそらく現在の状況は変わっているはず)

そこに記載されているのは、世界で水道水が飲める国は15ヶ国しかないという実態です。

水道水が安心して飲める国は、日本、アイスランド、アイルランド、アラブ首長国連邦、オーストリア、オーストラリア、クロアチア、スウェーデン、スロベニア、ドイツ、ニュージーランド、フィンランド、南アフリカ共和国、モザンビーク、レソトです。

これらの国を見ると、まず島国が多いことや雪解けの水のような純度の高い水資源を持っている国が該当することが読み取れます。

アジア地域だと、日本とアラブ首長国連邦のみという結果です。

この結果を見ればわかるとおり、水道水が安心して飲める日本は、世界的に非常に稀有な存在といえます。

ちなみに水道水が飲める国の中で、筆者が滞在したことがあるのは、アラブ首長国連邦ぐらいですが、安全と言えども現地では水道水は飲まないようでした。

また、オーストラリアに住んでいる友人に聞いたところ、オーストラリアでも水道水が飲めることを知っているが、お腹を壊す恐れがあることから、ほとんどの人が飲料水を買って飲んでいるだろうとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/