タリン空港からバスで市街地に向かう方法

この前の記事で、「タリン空港から市内へタクシーで向かう方法と相場情報」をお伝えしました。

 

実は、この旅の中で私はタリン空港を3度利用しており、毎回交通手段を変え、市街地へ向かっていました。

そのため今回は、「タリン空港からバスで市街地に向かう方法」について紹介します。

 

タリン空港

まず、簡単にタリン空港を説明します。

正式名称は、「レナルト・メリ・タリン空港」と言います。

場所は、市街地から南東に約4kmに位置しており、近く大きなウレミステ湖があります。

なので、空港と市街地は近いです。

余談ですが、タリン空港は敷地内に誰でも使える無料の無線LANサービス(Wifi)があります。

このWifiが、めちゃくちゃ速くてストレスゼロです。

是非、使ってみてください。

 

ちなみにエストニアは、無料通話サービスで有名なskypeの本社があります。

 

空港から市街地へ

まず空港に到着後、バス乗り場に向かいます。

空港に併設するバス乗り場は、少し離れているので歩きます。(トラム乗り場も同じ場所です。)

案内があるので、それに従えば問題ありません。

頭上にこのような案内があるので「Bus」に従って進みます。

バス乗り場に向かう通路です。

出口を出て、左手にバス乗り場があります。目の前はトラム乗り場です。

バスの時刻表です。左から月~金、土、日それぞれに分かれています。

バス停には、日本のように屋根やベンチがあったりしないので、分かりにくいかもしれませんが、このバス表記付近で待っていれば、バスは止まってくれます。

市街地行きのバス停です。この下で待っていると、バスが止まってくれます。

市内へは2番バスを使います。このバス停には2番バスしか来ないので、来たらそれに乗ってください。行き先はMoiguと書いてあるはずです。

※ちなみに、「空港」はエストニア語で「Lennujaam」と言います。覚えておくと便利です。

2番のバスです。行き先は「Moigu」になっています。

運賃は、2ユーロです。

乗った時にドライバーに2ユーロ渡すと、レシートをくれるので、それで支払いは完了です。エストニアのバスは、どこまで乗っても2ユーロという料金体系になっています。

 

私は、オフラインでもつながる地図を見ながら経路を追っていましたが、どうやらバスはタリン市街地とは逆方向に走っていきました。

 

これには、からくりがあります。

Moiguは、市街地の南に位置する街です。

一旦、そこまでバスが行き、折り返してタリンの市街地に向かうことになります。

こちらとしてはMoiguに着いても、そのまま乗っておけば、直に出発します。安心してください。

Moiguは空港の南にあり、まずはこのルートを進みます。その後、市街地へ向かうことになります。

旧市街地へ向かう場合は、「A.Laikmaa」で降りるといいです。

このエリアは、タリンのバスが最も通過するエリアです。

旧市街と新市街をつなぐような場所で、外資系のホテルも進出しており、大きなショッピングセンターもあります。

そこから、旧市街の入り口であるヴィル門へ歩いて向かうといいでしょう。

旧市街地の入口・ヴィル門。先には聖母マリア教会が見えます。

 

バスの乗り場を変えてみる

実は、使うバス停を変えるとより早く着く場合があります。

先で紹介したようなルートは、Moiguで折り返すので、どうしても時間がかかります。

それを回避するために、市街地に向かう方の「Lennujaam」まで5分ほど歩きます。

すると、乗れるバスも増えますし、時間も短くなります。(こちらのルートは、私は乗っていませんが。)

以上が、「タリン空港からバスで市街地に向かう方法」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/