なぜ東へ向かうと時差ボケが辛く感じるのか?

海外旅行につきものといえば、時差ボケですね。

地理的に近いアジアの国への旅行であれば、大きな問題にはなりませんが、ヨーロッパや北米に旅行されたことがある人は、大なり小なり時差ボケによる不調を感じたことがあるでしょう。

時差ボケに関する個人的な感覚

わたし個人の感覚として、東に移動するときの時差ボケがどうも辛いです。

時差が2時間以内の東南アジアまでであれば特に問題ありませんが、それを超える例えばヨーロッパからの帰国などは、いつも非常に苦労しています。

日本に帰ってきて、しばらくは調子が出ません。

なぜ東へ移動することによる時差ボケが、こんなにきついのだろうと常々疑問に思っていました。

なぜ東へ向かうと時差ボケが辛く感じるのか?

この疑問を解決した書籍があります。

睡眠こそ最強の解決策である

この書籍の中で、「なぜ、東へ移動する時差ボケが辛いのか?」ついて2つの理由があると書いてありました。(どうやら私の感覚は間違っていなかったようです。)

時刻が前倒しになる

まず、1つ目の理由は、東に移動=時刻が前倒しになるからです。

時刻が前倒しになるということは、前倒しで寝る必要があります。

この前倒しで寝るということが難しいので、概日リズムが崩れて時差ボケを感じやすくなるようです。

一方、西への移動は時刻が後ろにズレます。

時刻が後ろにズレた場合は、夜ふかしをして就寝時間を調整すればよいので、リズムは崩れません。

人間本来のリズムに起因

2つ目の理由は、人間本来のリズムは24時間15分だからです。

人間は太陽光の影響を受けなければ、24時間15分で1日を捉えるメカニズムで動いているようです。

暗い部屋にいると、1日15分ずつズレていくそうです。

そのため、本来持っているリズムが24時間15分で、1日の24時間より長いので、時刻を後ろにズラして調整する行為は比較的容易です。

加えて、人間は1日につき、1時間しか時差を調整するしかできないようです。

よって、ヨーロッパとの時差が7時間ですので、帰国して1週間(7日間)は時差の影響を何らか受けていると言えそうです。

個人的には、この事実も衝撃でした。

私の時差ボケ対策

私が何度か辛い時差ボケを経験して、行き着いた対策を2つ紹介します。

出発前に時計を現地時刻に合わせよう

1つ目が、出発時点で現地時間に時計を合わせておくということです。

空港で飛行機に乗る前にやっておくといいと思います。

機内では、現地時間に合わせて行動します。

現地が昼であれば、機内ではできるだけ寝ないように粘ります。

また、機内食も出されたタイミングで食べます。

これにも理由があって、フライト中の機内食は、到着地の時刻に合わせてサービスされています。

その辺でリズムを整えておくのも手です。

アルコールを摂り過ぎない

次に、アルコールを摂り過ぎないことです。

確実に時差ボケがひどくなりますよ。(酔いが残っているだけかもしれませんが)

特に、長距離のフライトは機内でやることもなく、深酒しがちです。

気をつけましょう。

以上が、「なぜ東へ向かうと時差ボケが辛く感じるのか?」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/