海外ではトイレは有料だと考えておく前提で

海外旅に行くと、どこに行っても日本と違うことが多くて、興味津々で過ごしています。

人種や文化が違うので当然と言えますが、それが私にとっての海外旅の醍醐味の一つです。

 

今回は、このブログでも何回か取り上げているトイレ事情について、「海外ではトイレは有料だと考えておく前提で」について紹介します。

 

海外の街中にはトイレが少ない

 

普段日本で生活していると気づかないものですが、海外に行って思うのは、日本は街中にトイレが多いということです。

公園や駅だけでなく、コンビニにも必ずトイレがあるので、生活の中で困ることはあまりないでしょう。

 

しかし、海外は違います。圧倒的に少ないです。

駅はあったりなかったり、確実にあるのはデパートなどの商業施設で、まずコンビニやミニマートにトイレはありません。

 

これが、結構困るんです。

 

私は、旅中に暴飲暴食でお腹を壊すことがあるので、旅先ではトイレの確保はしっかりしようと心がけています。

 

 

トイレは有料と考えておく

 

街中にトイレが少ないことに加えて、もう一つ知っておいてもらいたいことがあります。

それは、トイレはほぼ有料だということです。

 

日本では当たり前にある公園や駅、コンビニのトイレでお金を取られたことはないでしょう。

海外では、街中のトイレを使うのに、ほぼ間違いなくお金を取られます。

BOXが設置されていたり、お金を回収する人がトイレの前にいます。

 

日本ではありえない話なんですが、“郷に入っては郷に従え”なのでやむを得ず払うしかないです。

 

また、現地で郊外に移動する場合に、利用するパーキングエリアのような場所でもトイレは有料の場合が多いですね。

 

こういう時に大事なのは、お釣りが出ないように小銭を持っていることです。

 

そして、場所によっては、ティッシュペーパーもお金を取られることがあるので、海外旅では必ずティッシュペーパーを持ち歩くようにしましょう。

 

以上が、「海外ではトイレは有料だと考えておく前提で」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/