旅行者のためのサマルカンドの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。

いくら英語が世界的言語といえども、世界の津々浦々まで浸透しているわけもなく、

現地の生の言語事情は旅行者にとって重要なファクターです。

今回は、「旅行者のためのサマルカンドの街カド言語事情」を紹介します。

総論

ウズベキスタンは、人口の約8割がウズベク人です。

そのため公用語はウズベク語で、次いでロシアの通用度が高いことが特徴です。

旅行客の頼みの綱である英語は、残念ながら通用度は低く、

できれば簡単なロシア語が使えることが望ましいです。

指差しロシア語会話帳は、必携品です。

私が持っていったものです。

個人的には、ウズベキスタンの中でサマルカンドが最も英語の通用度が高いと感じました。

シルクロードの文化交差路として世界遺産に登録されているため、

観光客が世界中から訪れていることが理由として挙げられます。

また、中心部にサマルカンド外国語大学があるのも大きいです。

街中で大人が制服を着ているのは、このサマルカンド外国語大学の学生です。

レギスタン広場など観光地でも多く見かけます。

英語が通じなくて困ったら、学生らしき人を見つけてヘルプを頼むといいでしょう。

私は、道順や両替所の場所を聞いたり、路線バスに乗る際にアシストしてもらっていました。

ホテル

安定の英語通用度です。

サマルカンドは観光地なので外国人観光客への対応が慣れているということが挙げられます。

旅の情報取集は、ホテルの受付で済ましておくことをおすすめします。

街中での英語は、難易度が高いです。

レストラン

言語と関係ありませんが、ウズベク料理はうまいので是非食べてもらいたいです!

しかし、ウズベク料理のような地元食のレストランでは、英語を話せるスタッフは少ないです。

必ず英語を話せるスタッフはいるので、そのスタッフを呼んでもらってオーダーするといいと思います。

メニューも英語で書いてあるレストランもあるので、オーダーは難しくありません。

有名なプロフやラグマン、マンティあたりを理解できれば、困ることはないでしょう。

公共交通機関

サマルカンドの公共交通機関は、路線バスしかありません。

しかし、行先などはウズベク語で書かれているので理解できません。

行き先の横に番号が書いてあるのでそれを頼りに乗ることになります。

ルートは分かりにくいので、

比較的英語が使えるホテルの受付に聞いておくといいです。

タクシー

まず、タクシーはメーター制ではないので事前交渉が必要です。

また、一人で乗っていても道すがら乗客を拾ったり、

日本では考えられないことが起きます。

英語が話せるドライバーもいますが、

話せない場合はガイドブックなどを見せて行き先を伝えるといいでしょう。

ウズベキスタンの人は、1000以下のスムを省略して金額を伝えてきます。

例えば、eightと言われたら、8,000ウズベキスタンスムという意味です。

買い物・ショッピング

サマルカンドの民芸品などを扱っているお土産ショップでは、

英語が多少通じる程度です。

ほとんど厳しいと思っておいたがいいでしょう。

また、サマルカンドで有名なのはジョブバザールです。

英語は通じないので購入する場合は、電卓機能を使って値段を交渉することになります。

以上が、「旅行者のためのサマルカンドの街カド言語事情」です。

参考にしてみてください。

ウズベキスタン旅行お役立ち情報まとめ

2017年にウズベキスタンに行きました。

タシケント、サマルカンド、ブハラを訪れました。

そのときに得た雑学や失敗談、経験をまとめています。

ウズベキスタン旅行時の参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/