海外で現地通貨払いか?日本円払いか?と聞かれたら

海外でクレジットカードを使ったことはありますか?

 

日本のように「一括払いですか?」「分割払いですか?」と聞かれることはありませんが、

その代わりといってはなんですが、「現地通貨払いか?」「日本円払いか?」と聞かれます。

 

皆さんはどう答えていますか?

 

今回は、そんなケースでは、「現地通貨払いか?」「日本円払いか?」どちらで回答すべきかについて書きます。

 

現地通貨払いがお得

まず、結論を言うと「現地通貨払いか?」「日本円払いか?」と聞かれたら、

必ず「現地通貨払いで!」と答えましょう。

 

これには、からくりがあります。

 

この件について、三井住友カードが自社のHPで説明しています。

https://qa.smbc-card.com/mem/detail?site=4H4A00IO&id=349

この中にはっきり書いていますね。

 

お店が決定した為替レートで日本円に換算されることから、弊社で日本円に換算する場合に比べて、割高になる可能性がありますのでご注意ください。

(引用元:三井住友カードHP)

 

カード会社が使用する換算レートが割安な場合が、多いということです。

私もそう感じます。

 

これまで、現地通貨をキャッシングで調達しようとさんざん書いているぐらいですから。

 

しかし、今ではそんなことを書いている私も知りませんでした。

旅先のクレジットカード支払いは、日本円に固定できることをメリットに感じて、すべて「日本円払い」にしていたんです。

 

明細を見ると、使っているレートが明らかに割高なんですよね。

 

それに気づいてからは、すべて「現地通貨払い」にしています。

 

細かなことのようですが、大事な知識ですよ。

 

特に私のように、極力現金を持たずにクレジットカードに頼って旅をしている人間にとっては、トータルすると大きな金額の差が出てくると考えています。

 

ここで知った皆さんも、現地でのクレジットカード払いは、しっかり「現地通貨払い」を選択しましょう。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/