ブダペストでユーロは使えるのか?

ブダペストでユーロは使えるのか

EU圏を訪れる場合、通貨も域内統一通貨であるユーロと考えてしまいがちです。

しかし、必ずしもユーロが導入されているとは限りません。

2019年年末にブダペストを訪れました。

このブダペスト(ハンガリー)もユーロ未導入です。

そこで、ブダペストでユーロが使えるのか試してみましたので、ここで紹介します。

ハンガリーの通貨はフォリント

観光ではブダペストが都市として有名ですが、ブダペストはハンガリーの首都です。

そして、そのハンガリーの通貨は、フォリントです。

欧州の通貨=ユーロという考え方は、

正しくありません。

ハンガリーは、EU域内の統一通貨であるユーロの導入を望んでいますが、

現時点では財政赤字などの影響で導入を見送られています。

そのため私は、フォリントがハンガリーの通貨だけど、

ユーロで使える店があるのではないか?と考えていました。

ユーロは意外に使える

結論は、ユーロが使えます。

私が、使った場所でいうと、

・観光スポットへの入場

・スーパーマーケット

でユーロが使えました。

ただし、地下鉄やバスなどの公共交通機関の切符購入には、ユーロは使えませんでした。

街なかでユーロで払いたい場合は、その意図をスタッフに伝えれば、フォリントからユーロに計算してくれます。(「Pay by EURO」などと言えば、わかってもらえるでしょう。)

それに従って払いましょう。

ブダペストでユーロを使う場合の注意点

ブダペストでユーロを使う場合の注意点は、2点です。

換算レートが悪い可能性あり

基本的にフォリントで生活が回っています。

ユーロはあくまで例外です。

そのため、ユーロで払いたいと伝えた場合、

スタッフが換算したレートでユーロに換算されるので、

レートが不利に働いている可能性が高いです。

頭に入れておきましょう。

お釣りはフォリントを渡される

あと、ユーロで支払い、お釣りがある場合は、フォリントでもらいます。

ユーロでお釣りを返してくれることはなかったです。

海外旅行でのトラブルは未然に回避しよう

ユーロ未導入国のハンガリーで、実はユーロが使えるというのは

現地に行ってみないとわからないことでしょう。

しかし、海外旅行のトラブルの多くは知っていれば防げるケースで、

トラブルで海外旅行が悪い思い出になるのは、もったいないです。

私が海外旅行でのトラブルを防ぐにあたって、

気をつけていることをまとめているので、参考にしてもらえればと思います。

私が旅先で見かける日本人は、これらがほとんど出来てません。

渡航前の準備

現地行動の心構え

以上が、「ブダペストでユーロは使えるのか?」です。

参考にしてみてください。

ブダペスト旅行お役立ち情報まとめ

ハンガリーのブダペストを訪れたときの情報をまとめています。

実際に訪れたときに得た雑学や失敗談、経験が基になっています。

ブダペストを旅行される人の参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/