【失敗談】ブダペスト地下鉄にて無賃乗車で罰金支払い

世界遺産の街で有名なハンガリーの首都・ブダペストの地下鉄で無賃乗車してしまい、罰金(8,000フォリント≒2,800円)をとられてしまいました。

反省を込めて、その一部始終をここに記しておきます。

皆さん、気をつけましょう。

ブダペスト到着日に罰金8,000フォリント

罰金を徴収されたのは、ブダペストに到着した日でした。

ブダペストの空港から、市街中心部のデアーク広場まではミニバスで向かい、そこから地下鉄に乗ってセーチェーニ温泉へ向かおうとしていました。

ブダペストの地下鉄の歴史は古く、1896年開業で世界でロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に古い地下鉄です。

その開業した地下鉄は、今のブダペスト地下鉄では1号線にあたります。

よって、車両や構内はかなり古いです。

写真がなくて申し訳ないですが、ブダペスト地下鉄一号線については、以下のリンクで概ね全容が把握できます。

デアーク広場からセーチェーニ温泉までは、この地下鉄1号線で向かうことができます。

駅に着いていきなり困ったのは、いわゆる切符販売機が見当たらなかったことです。

ついでに改札もありません。

地下鉄駅のホームに降りると、すぐに乗り場となっており、切符販売機を見つけることができませんでした。

そうこうしているうちに、電車が到着。

そこで、迂闊にもその電車に乗ってしまいました。

今考えると、あり得ない判断ですが、よくわからずに乗ったという感じです。汗

座っていると、駅員のような人が来て「切符を見せろ」と言ってくるので、「あー、ないよ」と言うと、次の駅で降りるように促されました。

次の駅のホームで、その駅員に「ここに無賃乗車は罰金8,000フォリントと書いてあるだろ」とホームの注意書きを見せられて、罰金として8,000フォリントを徴収されました。

明らかに自分に非があるので、しのご言わずに支払いました。

ただし、切符の買い方がわからなかったので、食い下がって買い方も教えてもらいました。

ブダペストの地下鉄1号線の切符は、ホーム内で有人(ボックス)で販売されています。

切符の自動販売機はありません。

この有人ボックスがまたわかりづらく、ホームが薄暗いことに加え、ボックスの周りが黒いカーテンで覆われていて、パッと見でわからない感じです。

私が利用したときは、人が少ない時間帯だったこともあり誰も利用しておらず、目立つこともなかったです。

観光客泣かせだと思います。

一方、切符をチェックする駅員は、観光客を狙って無賃乗車を虎視眈々とチェックしています。

後に乗った地下鉄でも、駅員に捕まって罰金徴収されている観光客がいました。

これを見た皆さんは、このようなことにならないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/